@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

哀愁【アイシュウ】

デジタル大辞泉

あい‐しゅう〔‐シウ〕【哀愁】
寂しくもの悲しい気持ち。もの悲しさ。ペーソス。「哀愁を帯びた調べ」
[補説]作品名別項。→哀愁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あいしゅう【哀愁】[映画]
《原題Waterloo Bridge》米国の映画。1940年公開。監督はマービン=ルロイ。主演はビビアン=リー、ロバート=テイラー。第一次大戦中のロンドンを舞台に、踊り子将校悲恋を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

哀愁
宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。1986年、宝塚大劇場にて月組が初演

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

哀愁
あいしゅう
Waterloo Bridge

アメリカ映画。監督マーヴィン・ルロイ。1940年作品。1938年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤー社(MGM)に移籍したマーヴィン・ルロイが最初に監督した作品。それまでのリアリズム的スタイルから脱却し、第二次世界大戦中のロンドンを舞台に、将校と踊り子の哀切なロマンスを描いた作品。ロバート・シャーウッドRobert Emmet Sherwood(1896―1955)作の舞台劇『ウォータルー橋』の2度目の映画化作品(1度目は『ウォタルウ橋』、ジェームズ・ホエールJames Whale(1889―1957)、1931年)。1940年はアメリカが第二次世界大戦へ参戦する直前の年で、ハリウッドから多くの映画作品がナチスドイツやイタリアなどへ配給されていたが、表立って反ファシズム、反枢軸国を掲げた戦争映画製作は控える傾向があった。一方、本作は戦略的に国内の大衆に向けて参戦の機運を促すため、連合国のイギリスを讃える内容のドラマをロマンス仕立てで描いた代表的作品でもある。1949年(昭和24)日本公開。

[堤龍一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐しゅう ‥シウ【哀愁】
〘名〙 なんとなく心にはいりこんでくるうら悲しい感じ。もの悲しさ。〔文明本節用集(室町中)〕
※帰去来(1901)〈国木田独歩〉一八「秋気漸く動く頃が尤も哀愁(アイシウ)の深きを催すなるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哀愁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

哀愁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation