@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

品種登録【ひんしゅとうろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

品種登録
ひんしゅとうろく
registration of variety
品種植物を育成者が品種名をつけて登録することにより,育成者の権利を保護する制度。新品種名を農林水産大臣に提出し,審査のうえ登録されると,その品種の販売目的の増殖と販売権が保護される。この有効期間通常 15年 (永年生植物は 18年) で,登録の対象には,花卉 (かき) 244種類を含む工芸作物樹木キノコ海藻など 420種類が指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

品種登録
種苗法に基づいて新品種を農水省に登録し、育成者の権利を保護する制度。植物の新品種育成は、専門知識や技術、長期の労力、多額の費用がかかるためだ。登録されると「育成者権」が認められ、種苗や収穫物、一定の加工品を独占的に利用できる。新品種育成を奨励する目的がある。
(2012-09-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ひんしゅとうろく【品種登録】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

品種登録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

品種登録の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation