@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

哲学史【てつがくし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

哲学史
てつがくし
history of philosophy
哲学の歴史的展開およびそれについての学問的探求。存在の究極的原理を解明しようとする哲学は,常に初めから問い直して永遠を目指す性格をもつ。それに応じて学問としての哲学史もまた,ほかの学問史とは異なり,学説を単なる過去事象としてとらえるのではなく,永遠につながるものとして,したがって新たな哲学探求の土台として営まれる。この意味で哲学史は哲学の一部門をなしている。反面,哲学も時代との相関性を免れず,哲学史も個々の哲学をその時代においてとらえなければならず,歴史学としての客観性も必要となる。学問としての哲学史はアリストテレスの『形而上学』第1巻をもって嚆矢とするとされ,また中国では周時代の荘周の『荘子』第 33「天下編」にもみられる。教父時代のギリシア哲学のキリスト教的解釈や,中世注釈,ルネサンス人文主義者の解釈など,みなある意味で哲学史の性格をもつが,真の意味では哲学史はヘーゲルに始るとされる。通史としてはヘーゲルのほか,代表的なものに F.ユーベルベーク,E.ブレイエ,F.コプルストンらの研究がある。特定の時代を対象とする時代史では E.ツェラーの古代ギリシア,E.ジルソンの中世があり,逆に特定の主題をとって時代を下る問題史としては,自然哲学に関する M.デュエムが著名。ほかに個々の哲学者を対象とするモノグラフィ,一冊ずつの著書の注釈には多くのものがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てつがく‐し【哲学史】
哲学思想の歴史的な推移変遷などを明らかにするための学問。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てつがくし【哲学史】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

てつがく‐し【哲学史】
〘名〙 哲学の歴史。また、哲学思想、学説の変遷や発展を明らかにする学問やそれを記述した書物。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哲学史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

哲学史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation