@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐十郎【からじゅうろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐十郎
からじゅうろう
[生]1940.2.11. 東京
劇作家,演出家,俳優,小説家。本名大靏(おおつる)義英。明治大学文学部演劇学科卒業。1962年状況劇場を結成,主宰。劇団名の由来ともなったジャン=ポール・サルトル暗黒舞踏の影響下に,俳優復権を叫んでそれを特権的肉体と呼び,看板女優李礼仙(現李麗仙)をはじめ,麿赤兒,根津甚八,小林薫らのスターを生む。ときには官憲と衝突しながら街頭,公園,神社境内などで「紅テント」を張って公演,アングラ演劇の中心的存在となる。1987年状況劇場を解散して唐組を結成,『さすらいのジェニー』(1988)で再出発した。1969年『少女仮面』で岸田国士戯曲賞。作品はほかに『ジョン・シルバー』(1965),『唐版・風の又三郎』(1974)など多数。1983年に小説佐川君からの手紙』で芥川賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

から‐じゅうろう〔‐ジフラウ〕【唐十郎】
[1940~ ]劇作家・演出家・俳優・小説家。東京の生まれ。本名、大鶴義英(おおつるよしひで)。状況劇場を率い、紅テント公演を行うなどアングラ演劇の代表的な存在。「少女仮面」で岸田国士(くにお)戯曲賞、「泥人魚」で紀伊国屋演劇賞鶴屋南北戯曲賞など、多くの賞を受賞。また、小説「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞するなど幅広く活躍。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

唐十郎 から-じゅうろう
1940- 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家,小説家。
昭和15年2月11日生まれ。38年状況劇場を結成。紅テント公演を開始し,アングラ演劇の旗手と称される。45年「少女仮面」で「新劇岸田戯曲賞。また53年「海星(ひとで)・河童(かっぱ)」で泉鏡花文学賞,58年小説「佐川君からの手紙」で芥川賞。平成9年横浜国大教授。16年「泥人魚」で紀伊国屋演劇賞,鶴屋南北戯曲賞,読売文学賞。18年読売演劇大賞芸術栄誉賞。25年幻想的な戯曲の創作とテント公演での独創的な舞台制作に対して朝日賞。東京出身。明大卒。本名は大靏(おおつる)義英。作品はほかに「腰巻お仙」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

からじゅうろう【唐十郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐十郎
からじゅうろう
(1940― )

劇作家、演出家、俳優、小説家。本名大靏義英(おおつるよしひで)。昭和15年2月、東京・下谷万年町生まれ。1958年(昭和33)に明治大学文学部演劇科に入学し、学生劇団「実験劇場」で俳優として活躍する。62年卒業と同時に劇団青年芸術劇場(略称は青芸)に研究生として入団するも翌年退団、その年の7月にサルトル作『恭しき娼婦』で状況劇場を旗揚げした。学生時代に唐はサルトルの大きな影響を受けていた。64年に初戯曲『23時54分「塔の下」行は竹早町の駄菓子屋の前で待っている』を上演、同年の第二作『渦巻は壁の中をゆく』以後は作と演出を兼ね始めた。67年に東京・新宿の花園(はなぞの)神社境内に紅テントをたてて『腰巻お仙・義理人情いろはにほへと篇(へん)』を上演し、やがて寺山修司の天井桟敷とともにアングラとよばれた前衛演劇の代表的な存在になった。68年に演劇論「特権的肉体論」を収載する戯曲集『腰巻お仙』を初刊行したが、俳優の身体を独特の視点で凝視したこの演劇論は、後続世代に強い影響を及ぼした。70年に『少女仮面』で岸田戯曲賞を受賞して存在を確たるものにすると同時に、『吸血姫』(1971)、『二都物語』(1972)、『唐版 風の又三郎』(1974)といった唐の戦後論ともいうべき、現在と過去を交錯させる華麗で強靭(きょうじん)なロマン劇を発表して既成の演劇界に揺さぶりをかける。一方、72年に戒厳令下の韓国・ソウルでゲリラ的に『二都物語』を、73年に『ベンガルの虎』をバングラデシュで、74年に『アラブ版 風の又三郎』を中東地域で上演したりというように、わが国では圧倒的多数の欧米志向の演劇人とはまるで異なる行動力を発揮した。82年に『佐川君からの手紙』で芥川(あくたがわ)賞を受賞して活躍の場を広げる。88年に状況劇場を解散して唐組を結成、『さすらいのジョニー』で旗揚げして現在に至るまで、例外を除き一貫して紅テント公演を続けている。なお、97年(平成9)に横浜国立大学の教授に就任。

[大笹吉雄]

『『腰巻お仙』(1968・現代思潮社)』『『唐十郎全作品集』第1~6巻(1979~80・冬樹社)』『『唐十郎第一エッセイ集 風に毒舌』『唐十郎第二エッセイ集 豹の眼』(1979~80・毎日新聞社)』『『さすらいのジョニー』(1988・福武書店)』『『少女仮面・唐版 風の又三郎』(1997・白水社)』『『特権的肉体論』(1997・白水社)』『『秘密の花園』(1998・沖積舎)』『『佐川君からの手紙』(河出文庫)』『山口猛著『同時代人としての唐十郎』(1980・三一書房)』『唐十郎著、扇田昭彦解説『人間図書館 唐十郎――わが青春放浪記』(1994・日本図書センター)』『堀切直人著『唐十郎ギャラクシー』(1998・青弓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐十郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐十郎の関連情報

関連キーワード

大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation