@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐大和上東征伝【とうだいわじょうとうせいでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐大和上東征伝
とうだいわじょうとうせいでん
鑑真の渡来顛末を記した書。宝亀 10 (779) 年,淡海三船作。1巻。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうだいわじょうとうせいでん〔タウダイワジヤウトウセイデン〕【唐大和上東征伝】
唐僧鑑真(がんじん)伝記。1巻。淡海三船(おうみのみふね)著。宝亀10年(779)成立鑑真出自出家から六度目にようやく渡日に成功して日本に戒律を伝えた経緯唐招提寺縁起を述べる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうだいわじょうとうせいでん【唐大和上東征伝】
淡海三船(おうみのみふね)(元開)の。1巻。779年(宝亀10)の成立。《鑑真和尚東征伝》《鑑真過海大師東征伝》《過海大師東征伝》《東征伝》などの別称がある。鑑真伴して日した思託の請により,三船が思託の著した《大伝戒師僧名記大和上鑑真伝》(略称《大和上伝》《大和尚伝》)や鑑真の行状を伝聞して完成したもの。前後6回,12年の歳月を費やして達成された波乱万丈の渡航の行歴が美しい筆致で記されているばかりでなく,8世紀中期の唐の諸州,都市の見聞記が収められている点で海外交渉史としてもその価値はきわめて高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうだいわじょうとうせいでん【唐大和上東征伝】
一巻。779年、淡海三船著。苦難の末に果たされた日本渡来の経緯を中心に、鑑真がんじんの伝記を記したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうだいわじょうとうせいでん タウダイワジャウトウセイデン【唐大和上東征伝】
奈良時代の仏教書。一巻。淡海三船(元開)撰。宝亀一〇年(七七九)成立。中国唐代の僧鑑真和上が、渡航して日本に来る旅行記を中心に書いた伝記。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

唐大和上東征伝
とうだいわじょうとうせいでん
奈良時代,鑑真 (がんじん) の伝記
『鑑真過海大師東征伝』『鑑真和上東征伝』ともいう。779年成立。1巻。淡海三船撰。鑑真が日本に戒律を伝えた因縁経路,唐招提寺の縁起などについて記述したもの。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐大和上東征伝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐大和上東征伝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation