@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐子踊【からこおどり】

世界大百科事典 第2版

からこおどり【唐子踊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐子踊
からこおどり
岡山県瀬戸内市牛窓(うしまど)町紺浦(こんのうら)に伝わる舞楽風の踊り。10月第4日曜日(もと24日)の疫(やく)神社の秋祭に、青年たちの唐歌(からうた)にあわせて、唐装束(からしょうぞく)の7、8歳の童子たちにより踊られる。神功(じんぐう)皇后が三韓(さんかん)遠征からの帰りに、この地に立ち寄ったおりに舞をまわせて旅情を慰めたことに始まると伝えている。おそらく牛窓港が古くから栄えた開かれた良港であったため、韓国(からくに)から伝承し、稚児舞楽化したものかもしれない。唐歌は「サーチャーア ワーンエー ハアーエーヤンヤワ……」といった意味不明のもの。囃子(はやし)は小太鼓に笛。踊りは約10分間ほどのものであるが、童子2人によるゆったりしたテンポの異国風の美しい踊りである。綾浦(あやうら)の太刀(たち)踊とともに国の選択無形民俗文化財に指定される。[萩原秀三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

からこ‐おどり ‥をどり【唐子踊】
〘名〙 唐子の扮装をして踊るおどり。長崎の諏訪神社の祭礼などに行なわれる。ややこおどり。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)上「九月の七日九日は氏神殿の祭。本おどりいろからこおどりいろ、見事なことばん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐子踊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐子踊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation