@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐様【からよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐様
からよう
(1) 美術工芸用語としては,中国的様式の美術工芸品をいう。『東大寺献物帳』に「大刀」と「唐様大刀」の語がみられるように,中国製の美術工芸品の意味をもつ唐物 (からもの) と区別した。 (2) 書道史の用語としては,奈良,平安時代の中国の王羲之を中心とする唐風の書,また室町時代の禅林で盛行した宋元風の書,さらに江戸時代における文徴明などの明風の書をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

から‐よう〔‐ヤウ〕【唐様】
中国風であること。唐風(からふう)。
「―にいえば風流瀟洒」〈逍遥当世書生気質
中国風の書体。特に、江戸時代の学者間で流行した、元・明(みん)風の書体。
行・草書以外の漢字の書体。楷書・隷書・篆書(てんしょ)など。
禅宗様(ぜんしゅうよう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

からよう【唐様】
一般的には中国風の形式をもつとの意味で,日本固有の伝統的な和様に対していう。唐帝国の形式とは限らない。古代では唐綾唐糸唐鏡などは唐からの伝来品またはその形式と技法を模して製作したものを指し,上等品の意味合いがこめられていた。唐歌(からうた)は漢詩のこと,唐子(からこ)は中国風俗をした幼児である。絵画座敷飾にも唐様といわれるものがあった。書道では江戸時代に中国の書を学んだ一派書風を唐様という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐様
からよう

日本美術用語。書と建築の分野で用いられるが、意味は一様でない。

 書では中国風の書という意味であるが、実際にはもっと狭義で、とくに江戸時代の儒者・文人たちの間で中国の書風に傾倒することが流行し、主として宋(そう)・元(げん)・明(みん)の書家を手本にして書いたものを、和様に対して唐様と称した。

 建築では、鎌倉時代に禅宗とともに中国から伝えられた宋の建築様式を模して寺院が建てられ、唐様あるいは禅宗様と称した。これは禅寺ばかりでなく、のちには一般の寺院や霊廟(れいびょう)にも取り入れられたが、奈良時代以来の和様建築に比べると、間取り、構造、細部の装飾などに大きな相違がある。その特徴のおもなものをあげると、(1)柱の上下端に粽(ちまき)をつくって丸みをつけ、下端に礎盤を付す、(2)天井を鏡天井にする、(3)垂木(たるき)は扇垂木にする、(4)肘木(ひじき)の端(はな)を円弧状にする、(5)扉に桟で組んだ桟唐戸(からど)を用いる、(6)窓にアーチ形の曲線をもつ火灯窓を用いる、(7)虹梁(こうりょう)に曲線をもった海老(えび)虹梁を用いる、(8)堂内や回廊の床を瓦(かわら)敷きにする、などである。唐様建築の代表的な遺構には、円覚寺舎利殿(鎌倉市)、安楽寺八角三重塔(上田市)、永保寺(えいほうじ)観音堂(多治見市)などがある。

[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐ざま【唐様】
※志都の岩屋講本(1811)上「漢風(カラザマ)の理屈ばかりを云ふ人は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から‐よう ‥ヤウ【唐様】
〘名〙
① 中国風であること。また、そのもの。からふう。からぶり。からざま。⇔和様
※雑談集(1305)五「近代、唐僧多く渡て唐様(カラヤウ)世に盛也」
※仮名草子・元の木阿彌(1680)下「唐様(カラヤウ)の香盆に、青地(せいぢ)の香炉」
② 書道で、中国の書風を模した書体。ふつう、江戸中期に流行した、明風の書体をいう。⇔和様
※異制庭訓往来(14C中)「夫諸家筆法〈略〉少生稽古者、唐様者暫可閣」
③ 漢字の書体のうち、楷書(かいしょ)・篆書(てんしょ)・隷書(れいしょ)などの書体をいう。
④ 鎌倉時代、宋から伝えられた禅宗寺院の建築様式。⇔和様
※匠明(1608‐10)堂記集「唐用三間仏殿之図」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation