@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐津【カラツ】

デジタル大辞泉

からつ【唐津】
佐賀県北西部の市。唐津湾に臨む。もと小笠原氏の城下町、明治以後は石炭積み出し港として繁栄唐津焼産地唐津城跡・虹の松原鏡山などがあり、玄海国定公園の一部。平成17年(2005)1月に周辺7町村と合併。同18年1月に七山(ななやま)村を編入。人口12.7万(2010)。
唐津焼」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

からつ【唐津】
[1] 佐賀県西北部、唐津湾に臨む地名。朝鮮半島へ渡る津の意。古来大陸交通の要地。小笠原氏の城下町、唐津炭田の積出港として繁栄。玄海国定公園の中心。唐津焼は有名。昭和七年(一九三二)市制。
[2] 〘名〙 「からつやき(唐津焼)」の略。
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)天二「隠居どら唐津なんどをまげに遣り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

唐津
からつ
佐賀県東松浦半島南東,唐湾に面した港湾都市
古来,朝鮮半島への交通要地で,唐船出入の津で「唐津」の名がある。1602年寺沢広高の築城以来城下町として繁栄した。文禄慶長の役以後発達した唐津焼は有名。1932年市制を施行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐津」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐津の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation