@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐糸【カライト】

デジタル大辞泉

から‐いと【唐糸】
中国から渡来した絹糸。
唐糸織り」の略。
《糸を引くところから》納豆。
「この茶の子、名は―というてくれなゐ」〈咄・醒睡笑・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐いと〔タウ‐〕【唐糸】
機械紡績で、綿糸旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

唐糸 (トウイト)
動物。エゾバイ科の貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐いと【唐糸】
〘名〙
① 中国渡来の糸。
※蔭凉軒日録‐長祿二年(1458)五月九日「献盆一枚〈桂漿〉唐糸一束〈色紫〉
② ①で織った織物。
※太平記(14C後)一三「名馬の太く逞しきに〈略〉唐糸(カライト)の手縄ゆるらかに結でかけ」
③ (糸を引く意から) 納豆のこと。
※咄本・醒睡笑(1628)八「座頭の琵琶負うて来るを見付け、おどけ者が『なっとの坊はいづくより何処へお通りぞ』『わらの中にねてから糸ひきに行く』と。見た所うまさうなりやこの茶の子名は唐糸(からいと)というてくれなゐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐いと タウ‥【唐糸】
〘名〙 (もと外国から輸入したものであるところから) 機械紡績による綿糸の旧称。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「たう糸二た子のわたいれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐糸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation