@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐草【からくさ】

大辞林 第三版

からくさ【唐草】
「唐草模様」の略。
ウマゴヤシの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

唐草 (カラクサ)
植物。キキョウ科の多年草。アゼムシロの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐草 (カラクサ)
植物。マメ科の越年草ウマゴヤシの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐草 (カラクサ)
植物。キンポウゲ科の落葉木質つる植物。ボタンズルの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐くさ【唐草】
〘名〙 (「唐」はあて字で、「絡草(からみぐさ)」の略という)
① つる草のつるや葉のからみ合ってのびている様子を図案化した模様。古く、エジプトやメソポタミアに始まり、日本には中国を経て伝わったもの。忍冬(にんどう)(実はパルメット〔半円菊花形〕)、葡萄、宝相華(ほうそうげ)、牡丹、蓮華唐草などがある。織物、染物、蒔絵(まきえ)、柱の装飾などに用いる。唐草模様。唐草文(からくさもん)
※宇津保(970‐999頃)内侍督「あやけづりいだしなどしたるに、からくさ・鳥など彫(ゑ)り透かしてあるに入れて」
※今昔(1120頃か)三一「前には唐草の蒔絵の唐櫛笥の具を立たり」
③ 植物「うまごやし(馬肥)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
④ 植物「みぞかくし(溝隠)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
⑤ 植物「ぼたんづる(牡丹蔓)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

から‐くさ【唐草】
唐草文様」の略。
ウマゴヤシ別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation