@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐詩【トウシ】

デジタル大辞泉

とう‐し〔タウ‐〕【唐詩】
中国、代の絶句律詩などの近体詩が完成され、李白杜甫らのすぐれた詩人が多い。
一般に、中国古典詩のこと。からうた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうし【唐詩 Táng shī】
中国,唐代(618‐907)に作られた詩の総称。ただし次の五代(907‐959)の作品をも含めることがある。清の初め(1707)に刊行された《全唐詩》900巻は唐詩の全集で,作者総数は2873人,作品4万9403首を収める(平岡武夫の調査による)が,その中には五代まで生存していた詩人を含むのである。唐詩の文学史上の意義を論ずるとき,まず注目されるのは,中国古典詩の諸形式がこの時代に完成したことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうし【唐詩】
中国、唐代の詩。各種の詩体が発展し、絶句・律詩の今体詩が確立した。杜甫・李白・韓愈かんゆ・白居易などの詩人も輩出。
中国古典詩の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐し タウ‥【唐詩】
〘名〙 中国の唐時代の詩。絶句、律詩などの近体詩が完成され、歴代の古典詩の中で、最もすぐれたものとされ、日本の漢詩にも大きな影響を及ぼした。また一般に、中国古典詩の総称。からうた。
※蕉堅藁(1403)送勝侍者之四州「於是作唐詩一章、以壮其行色云」 〔滄浪詩話‐詩評〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐詩
とうし
中国、唐代の詩をさす。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐詩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation