@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐車【カラグルマ】

デジタル大辞泉

から‐ぐるま【唐車】
大型で、最も華美な様式牛車(ぎっしゃ)。唐破風(からはふ)造りの屋根をつけて檳榔(びろう)の葉で葺(ふ)き、同じ葉を総(ふさ)にして(ひさし)・腰などに垂らしたもの。檳榔を染め糸に代えることもある。太上天皇皇后東宮准后親王摂関などが晴れのときに用いた。唐庇(からびさし)の車。唐の車。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

からぐるま【唐車】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

からぐるま【唐車】
大型の牛車ぎつしや。屋根は唐破風からはふに作り、檳榔びろうの葉で葺き、箱の周囲を美しく飾った車。上皇・皇后・東宮・准后・親王・摂政・関白が、晴れの時に用いた。唐の車。唐庇からびさしの車。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐ぐるま【唐車】
〘名〙 牛車(ぎっしゃ)の一種。箱を総体に大きく、屋形を唐棟(からむね)に作り、唐びさしを出し、屋根を檳榔(びろう)の葉で葺(ふ)き、廂、腰などにも檳榔の葉を総(ふさ)に垂らし、簾、下簾に至るまで美しく飾る。また、檳榔を染糸に代えることもある。糸毛(いとげ)の車とも呼んで、最も華美な様式とする。太上天皇、皇后、東宮、准后、親王または摂関などの晴れの時の乗用。からびさし。からびさしの車。からの車。からの御車。
※枕(10C終)二七八「一の御車はから車なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation