@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐辛子・唐芥子・蕃椒【とうがらし】

精選版 日本国語大辞典

とう‐がらし タウ‥【唐辛子・唐芥子・蕃椒】
〘名〙
① ナス科の一年草。南アメリカの熱帯地方の原産で、日本へは慶長年間(一五九六‐一六一五)に渡来し、畑に栽培され、品種が多い。高さ四五~七五センチメートル。葉は卵状披針形で長柄をもち対生する。夏、葉腋にナスに似て先が五裂した径一~一・五センチメートルの白色の合弁花をつける。果実は細長くくちばし状で、初め緑色で秋に深紅色に熟す。果実は刺激性の強い辛味があり、香辛料や食用として広く使われ、葉は葉とうがらしなどの煮物にされる。漢名、蕃椒・辣椒。そらみとうがらし。なんばんごしょう。こうらいごしょう。《季・秋》
▼とうがらしの花《季・夏》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕
② 紋所の名。①の実をかたどったもので、三つ唐辛子・龍胆唐辛子など、種類が多い。
③ 奴を卑しめていう語。奴が酒を飲むのに、よく唐辛子を肴にしたところからいう。
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)四「すいさんなる蕃椒(トウガラシ)め」
④ 子どもの陰茎をいう。
※雑俳・柳多留‐八四(1825)「筒井づつそばに蜆ととうからし」
[語誌]トウキビ(唐黍)、トウナス(唐茄子)などと同様に、旧来の辛子に対して、新しく渡来した辛子という意味で命名されたもの。他に、コウライゴショウ(高麗胡椒)、ナンバンゴショウ(南蛮胡椒)などの呼び名があり、いずれも近世前期から文献に見える。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐辛子・唐芥子・蕃椒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐辛子・唐芥子・蕃椒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation