@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唐鏡【とうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐鏡
とうきょう
Tang-jing
中国,唐代に鋳造,使用された。海獣葡萄文,鳳鸞 (ほうらん) 文,花卉文,騎馬狩猟文,伯牙弾琴 (はくがだんきん) 文などのはなやかな文様が施され,形には円形方形,八稜形,八花形などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐きょう〔タウキヤウ〕【唐鏡】
中国、代の鏡。円鏡・方鏡のほか、八花鏡八稜鏡などが盛行背面の文様は絵画的で、鍍金(ときん)・金銀平脱(へいだつ)螺鈿(らでん)などの技法によりきわめて優美。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうきょう【唐鏡】
中国,唐代に製作された鏡。唐代は長安,洛陽を中心とする宮廷文化が育ち,鏡も前代と異なる趣味をもち珍重された。唐鏡は白銅質,厚手のものが多く,形も変化に富み,円形,方形,八花形,八稜形などがある。また鏡背の文様には,螺鈿(らでん),七宝(しつぽう),金銀平脱(へいだつ),貼銀鍍金(ちようぎんときん)などの各種の技法がみられる。六朝鏡から唐鏡への過渡期には隋鏡という鏡式がある。これには四神鏡などがあり,団華文鏡などすぐれた作品が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

から‐かがみ【唐鏡】
〘名〙 中国渡来の鏡。舶来の上等の鏡。からのかがみ。
※枕(10C終)二九「からかがみのすこしくらき見たる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐きょう タウキャウ【唐鏡】
〘名〙 中国、唐代の鏡。唐代は漢以来発展してきた中国鏡に大きな変化のあった時期で、形は円・方のほかに、八稜・八花・方花があり、鏡背の図柄も海獣葡萄鏡、盤龍鏡などの伝統的文様のほか、風俗画、伝説画、草花文などが自由にとりあげられるようになった。金属工芸品としてもすぐれ、螺鈿(らでん)、七宝、金銀平脱などの技法が用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation