@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唯一・惟一【ゆいいち】

精選版 日本国語大辞典

ゆい‐いち【唯一・惟一】
〘名〙
① ただ一つであること。ゆいいつ。ゆいつ。
※平家(13C前)七「唯一の玄応を垂給へ」
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)一「神は唯一(ユイイチ)円頓一実相の外」 〔首楞厳経‐三〕
※俳諧・本朝文選(1706)四・説類・師説〈許六〉「往昔神道のさかむなりし時は、唯一の師ありて道を教える事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい‐いつ【唯一・惟一】
〘名〙
① ただ一つであること。ゆいいち。ゆいつ。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「其れは、主の唯一(ユヰイツ)の道楽として邸内に栽培したもので」 〔書経‐大禹謨〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唯一・惟一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唯一・惟一の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation