@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唯識三十頌【ゆいしきさんじゅうじゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唯識三十頌
ゆいしきさんじゅうじゅ
Triṁśikāvijñaptimātratāsiddhi
世親著。サンスクリット原典,チベット語訳,漢訳 (真諦訳,玄奘訳) が現存。『解深密経』から『摂大乗論』まで多くの書によって明らかにされた仏教唯識説要義を,30の (→ ) によって体系的にまとめたもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唯識三十頌
ゆいしきさんじゅうじゅ

インドの仏教学者、世親(せしん)(バスバンドゥ、400―480ころ)が30の詩頌によって唯識思想の体系を説いた名著。安慧(あんね)(スティラマティ、510―570ころ)の注釈がサンスクリット本で現存。下意識的な根源的認識である阿頼耶識(あらやしき)と、それを自我と誤想する末那識(まなしき)と、目、耳、鼻、舌、身、意の六つの現象する認識、という三層の認識のみの転変によって、外界の対象が実在しないにもかかわらず、自我と世界と多くの心理現象が仮現(けげん)する様相を説く。小著でありながら唯識思想の体系を完成している。

[梶山雄一]

『荒牧典俊訳『世親論集』(『大乗仏典15』所収・1976・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆいしきさんじゅうじゅ ‥サンジフジュ【唯識三十頌】
世親著。唐の玄奘の訳がある。唯識説の大綱を三十の頌にまとめたもので、六百言で訳出されている。成唯識論(じょうゆいしきろん)はこれを注釈したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唯識三十頌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唯識三十頌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation