@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唯識説【ゆいしきせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唯識説
ゆいしきせつ
インド仏教の瑜伽 (ゆが) 行派,中国仏教の摂論宗法相宗などが主張する,万有は識 (純粋な精神作用) にほかならぬとする説。縁起門の唯識説によれば,すべての存在は,根本の識である阿頼耶識の転変により構成されて生じるとされる。阿頼耶識をよりどころとして思量の働きをなす末那識と,眼,耳,鼻,舌,身の6識を生じ,阿頼耶識によって身体環境が,末那識によって自我意識が形成され,他の5識によって感覚作用がなされて,一切が認識されるという。インドでは弥勒無着世親などの学匠によって組織的に説明され,中観派とともに有力な学派を形成した。中国では玄奘がこの説を伝え,弟子窺基が大成した。日本には法相宗として伝わり,現在でも奈良の薬師寺,興福寺,京都の清水寺で研学されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆいしきせつ【唯識説】
インド仏教において,3~4世紀ころに興った大乗思想で,あらゆる存在は唯(た)だ識すなわちこころのはたらきで表された仮の存在にすぎないとみる唯心論サンスクリットでビジュニャプティ・マートラ・バーダvijñapti‐mātra‐vādaという。〈般若経〉に説かれる空の思想を受け継ぎながら,空を虚無主義ととらえる傾向を是正しようと,ヨーガ実践を好む人びとによって説かれ,〈あらゆる存在は心がつくり出した影像にすぎない〉という禅定体験に基づいているとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

唯識説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唯識説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation