@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唯識【ユイシキ】

デジタル大辞泉

ゆい‐しき【唯識】
《〈〉vijñapti-mātratāの訳》語。一切の対象は心の本体であるによって現し出されたものであり、識以外に実在するものはないということ。また、この識も誤った分別をするものにすぎず、それ自体存在しえないことをも含む。法相(ほっそう)の根本教義。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唯識
ゆいしき

仏教の術語。サンスクリット語でビジュニャプティ・マートラターvijñapti-mātratā。ビジュニャプティvijñaptiはわれわれの認識(ビジュニャーナvijñāna)の表象をいう。マートラmātraは「ただ」「のみ」を表し、-tāは抽象名詞をつくる接尾辞である。したがって唯識とは、自己およびこの世界の諸事物はわれわれの認識の表象にすぎず、認識以外の事物の実在しないことをいう。『十地経(じゅうじきょう)』に「この三界は心よりなるものにすぎない」といわれるようにである。われわれに認識されている世界は自己の認識の内なるものであり、他方、自己の認識の外にあるものをわれわれは知ることができないのであるから、世界とは自己の認識の世界にほかならない。インド仏教四大学派の一つである瑜伽行(ゆがぎょう)派(あるいは唯識学派。中国・日本では法相(ほっそう)宗とよばれる)はかかる主観的観念論哲学を説いた。

 仏教では説一切有部(せついっさいうぶ)(サルバースティバーディンsarvāstivādin。中国・日本では倶舎(くしゃ)宗)が実在論の哲学を主張した。この学派は、同一の瞬間に並存する外界の対象と感覚器官と意識との接触が認識にほかならない、という素朴実在論あるいは模写説に近い立場をとった。それに対し経量部(きょうりょうぶ)(サウトラーンティカsautrāntika)は、外界の対象そのものはわれわれに知覚されない、という。認識とは外界の対象Xが原因となって、一瞬後にわれわれの心中にある知覚像を生じる、という継時的な因果関係である、とする。したがって、真の認識の対象とは、外界の事物そのものXではなくて、われわれの心中の知覚像(表象)であり、心中の主観(能取(のうしゅ))がその表象を対象(所取(しょしゅ))として把握することが認識にほかならないと主張した。外界の対象Xそのものは心中の知覚という結果から推理される原因ではあるが、それ自体はけっして知覚されない。この経量部の立場は批判的実在論あるいは表象主義的認識論ということができる。これに対し唯識学派は、経量部のように外界の対象Xを認識の原因として要請する必要はないという。現在の知覚の原因は、一瞬間前のわれわれ自身の意識のなかにあった同種の知覚像であると考えれば、両者の間に因果関係としての認識は可能となり、外界はそれにまったく関与しない。こうして唯識学派は外界の存在を必要としないで、意識の流れのみから世界の顕現を説明する認識論を確立した。経量部は、外界の対象がまったく存在しなければ、個々の認識を時間的・空間的その他の特殊相に限定する原理がなくなるではないか、と反論するが、唯識学派は、ちょうど夢中の認識は、外界の対象をもたないけれども、時間・空間の限定をもち、夢精のような効用をももつと答論し、万法唯識の理論を完成した。なお、世親(せしん)の『唯識二十論』と『唯識三十頌(じゅ)』はそれぞれ22と30の韻文で唯識説の大綱をまとめたものである。

[梶山雄一]

『梶山雄一著『仏教における存在と知識』(1983・紀伊國屋書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆい‐しき【唯識】
[1] 〘名〙 (vijñapti-mātratā の訳) 仏語。
① 一切の諸法は識としての心が現わしだしたものにすぎず、識以外に存在するものはないということ。ただし、この識も妄分別するものとしてあるにすぎず、真実にあるものではないという意を含んでいる。→唯心(ゆいしん)
※日蓮遺文‐開目抄(1272)「仏になる道は、華厳唯心法界、三論の八不、法相の唯識、真言の五輪観等も実には叶べしともみえず」 〔首楞厳経‐五〕
※壒嚢鈔(1445‐46)一四「唯識(ユイシキ)は道昭法師、〈略〉是云法相宗

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唯識」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唯識の関連情報

関連キーワード

唯識説サンスカーラジャイミニ仮名施設阿頼耶識意識

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation