@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唱歌【しょうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唱歌
しょうか
(1) 小学校を教える授業の教科目名。明治5 (1872) 年の学制発布から 1941年に「音楽」に改められるまで用いられた。 (2) 学校教育用の歌。普通この意味で用いられることが多く,学校唱歌などともいう。音楽取調掛の編集により 1881年に発行された最初の唱歌集『小学唱歌集初編』以来,各種の唱歌集がつくられたが,同年から 1913年にかけて文部省編集の『尋常小学唱歌』 (いわゆる「文部省唱歌」) が発行されてから,事実上これに統一された。歌詞としては教訓的内容や花鳥風月などをおとなの言葉で歌ったものが多く,音楽的には無伴奏長音階 (ただしファはあまり使わない) ,2拍子または4拍子のものが多く,単純な洋楽風の歌で,ほとんど単旋律で歌われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唱歌
しょうが
日本音楽の用語。「声歌」「証歌」とも書く。「そうが」ともいう。 (1) 舞楽中で歌のうたわれる部分。『輪台』『青波』で行われた。 (2) 楽器の旋律や奏法を口で唱えること,およびその歌。一種ソルミゼーション (各音に名称を与えること) 。篳篥 (ひちりき) の唱歌を記すことによってかなが成立。弦楽器の文字奏法譜も声に出して唱えられ,能管,尺八類などにも応用。近世三味線で,その旋律を擬音的に唱える場合も一種の唱歌であるが,三味線の場合特に口三味線という。 (3) 器楽曲の旋律に詞章をあてはめて歌うこと,およびその歌詞。特に『順次往生講式』で雅楽曲にあてはめたものを「極楽声歌」という。 (4) 歌詞のことを,「歌しょうが」ともいい,特に箏,三味線の音楽でいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐か〔シヤウ‐〕【唱歌】
[名](スル)《古くは「しょうが」》
歌をうたうこと。また、その歌曲・歌詞。
「戯れかかって、詩吟するやら―するやら」〈二葉亭浮雲
明治の学制以降昭和16年(1941)までの学校教育における音楽教育の教科名。また、その学習活動や歌曲。「小学唱歌」「文部省唱歌
琴・琵琶などの旋律を口で唱えること。
「法皇御感の余り、時々は―せさせおはしましける」〈盛衰記・一八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐が〔サウ‐〕【唱歌】
《「そう」は「しょう」の直音表記》楽に合わせてうたうこと。また、琴・琵琶などの旋律を口でうたうこと。しょうが。
「―する声も人には勝(すぐ)れて」〈宇津保・俊蔭〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうか【唱歌】
歌のこと,あるいは歌をうたうこと。明治以前は,〈しょうが〉あるいは〈そうが〉と発音することが多く,証歌,章歌,正歌とも書いた。《万葉集》では歌詞をさして使われていたが,ふつうは《竹取物語》に〈あるいは笛を吹きあるいは歌をうたひ,あるいは唱歌をし……〉とあるように,歌詞のある歌をうたうのではなく,楽器の旋律やリズムを口で唱えうたうことを指していた(唱歌(しようが))。その楽器は笙(しよう),篳篥(ひちりき),竜笛,高麗笛(こまぶえ),能管,尺八などの管楽器が中心であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょうが【唱歌】
日本音楽の用語。楽器の擬声語のこと。元来は雅楽や能の管楽器の擬声語のみ唱歌と称したが,最近では口三味線など固有の名称をもつものも含めて,すべての楽器に対してこの語を用いるのが普通になっている。唱歌は,それだけで楽器音のすべての要素を直接的に表示するものではないが,一般に,奏法,あるいはリズム,音色,さらにはまとまった旋律の型などといったものと密接に結びついた形で,ある程度固定しているため,声を出してそれを歌うと,きわめて正確に楽器の音として相手に伝達することができ,紙に書かれた唱歌からも,かなり多くの要素を読み取ることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうか【唱歌】
スル
古くはしょうが
歌を歌うこと、またその歌。 桑園に-する乙女等の生活を思ひ/欺かざるの記 独歩
旧制の学校の教科の一。現在の音楽科に当たる。また、その教材として作られた歌曲。 小学-集
笛・琴などで奏される譜を口で歌うこと。 あるいは笛を吹き、…あるいは-をし/竹取

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐か シャウ‥【唱歌】
〘名〙 (古くは「しょうが」)
① (━する) 笛・琴・琵琶などの旋律を口でうたうこと。そうが。
※竹取(9C末‐10C初)「或は笛を吹き、或は歌をうたひ、或はしゃうかをし、或はうそをふき」
② (━する) 楽に合わせて歌をうたうこと。また、その歌。現代では単に歌をうたうこともいう。
※源氏(1001‐14頃)宿木「しゃうかにつきなからぬともは、召し出でて、おもしろく遊ぶ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「詩吟するやら、唱歌(ショウカ)するやら」 〔白居易‐酔題沈子明壁詩〕
③ 歌の文句。歌詞。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「歌のせうがも身に当る。涙はお乳が胸の内」
※風俗画報‐六三号(1893)長崎の新年「戸毎の玄関に据込み、訳の解らぬ唱歌(シャウカ)を節可笑げに唱ひて」
④ 明治以後昭和一六年(一九四一)までの学校教育での音楽授業の教科名。また、その教科でうたわれた歌曲や、それをうたうこと。日本の音楽教育が最初は歌唱指導を主としていたことに基づく用語。
※文部省達第一二号‐明治一四年(1881)五月四日(法令全書)「小学初等科は修身、読書、習字、算術の初歩及唱歌、体操とす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐が サウ‥【唱歌】
〘名〙 楽に合わせて歌うこと。また、笛・琴・琵琶などの旋律を口で歌うこと。しょうが。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「この仲忠も召して、さうがする声も人には、すぐれてことにきこゆれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唱歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唱歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation