@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唱門師・唱聞師【しょうもじ】

精選版 日本国語大辞典

しょうも‐じ シャウモ‥【唱門師・唱聞師】
〘名〙 「しょうもんし(唱門師)②」の変化した語。
※俳諧・正章千句(1648)二「おとといは月もうすかりし星祭 いかにも耳のさときしゃうもじ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうもん‐し シャウモン‥【唱門師・唱聞師】
〘名〙 (「しょうもんじ」「しょうもじ」とも)
① 中世、卜占を本業とし、経読・曲舞なども生業とした芸能民。門付(かどづけ)の芸で諸国をわたり歩くところから、江戸時代には賤視の度を深めた。
② 元日の朝、寅の刻(午前四時頃)に、宮中の日華門に参って、毘沙門経の文句を訓読して祝儀をした者。〔俳諧・滑稽雑談(1713)〕
③ 人家の門に立って金鼓を打ち、簓(ささら)をすって経文を唱え、物請いをした芸能者。声聞師。〔文明本節用集(室町中)〕
※仮名草子・浮世物語(1665頃)三「古き茶入の古は、〈略〉唱聞師(シャウモンジ)の賤しき奴原(やつばら)が手に持ち取り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唱門師・唱聞師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唱門師・唱聞師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation