@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

唱門師【しょうもんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唱門師
しょうもんし
古代~中世正月に参内し,毘沙経を訓読したり,曲舞 (くせまい) をして祝儀をなした雑戸声聞師,しょうもじともいう。中世には,祈祷,祓 (はらい) ,卜占などをとする民間陰陽師として,門付けをし,また呪術的芸能をも伝承した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうもん‐じ〔シヤウモン‐〕【唱門師】
中世、祈祷(きとう)・卜占(ぼくせん)や祝福芸能を業とした下級陰陽師(おんようじ)室町時代には奈良興福寺が結成されたほか、京都など各地に存在し、曲舞(くせまい)猿楽などの芸能を行ったが、江戸時代には賤民(せんみん)化した。声聞師(しょうもんじ)。しょうもじ。しょもじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうもんじ【唱門師】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ともじ【唱門師】
しょうもんじ唱門師

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唱門師
しょうもんし
唱聞師、声聞師、唱文師、聖文師とも書き、「しょうもんじ」「しょもじ」ともいう。中世から名が現れ、民衆の門口に立って金鼓(きんこ)を打ち、経文や寿詞を唱える芸能の一種で、施しを乞(こ)うた。大和(やまと)(奈良県)の興福寺に所属する唱門師はとくに知られ、清掃などで奉仕したが、一座を結成し、卜占(ぼくせん)、読経、曲舞(くせまい)などを行い、猿楽(さるがく)などの芸能を支配する権利を得ていた。近世の京都では大黒(だいこく)ともよばれ、皇居の門で元旦(がんたん)に毘沙門(びしゃもん)経を訓読して玉体の安穏を祈った。中世から近世初期にかけて毎年正月に宮中に出入りして千秋万歳(せんずまんざい)を奏したのも唱門師たちであった。京都のほか、近江(おうみ)(滋賀県)や河内(かわち)(大阪府)など各地に存在し、近世の大道芸人の先駆をなした。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょも‐じ【唱門師】
〘名〙 「しょうもんし(唱門師)」の変化した語。〔かた言(1650)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とも‐じ【唱門師】
〘名〙 中世の賤民で、元日の朝、寅の刻(午前四時頃)に、宮中の日華門に参って、毘沙門経の文句を訓読して祝儀をしたもの。しょうもんし。しょうもじ。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)一二「とんどうを焚くなり、〈略〉此のとき白赤鬼出で舞ふ、是れは土御門の卑官なり、所謂唱門師(トモジ)なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唱門師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唱門師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation