@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

商子【ショウシ】

デジタル大辞泉

しょうし〔シヤウシ〕【商子】
中国、戦国時代法家の書。商鞅(しょうおう)とその後の法家の政治・兵学論をまとめたもの。全29編のうち24編が現存。商君書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

商子
しょうし

中国、戦国時代中期の秦(しん)の政治家、法家(ほうか)思想家商鞅(しょうおう)とその後の法家思想家の書。『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)には「商君二十九篇(へん)」とあるが、現存は24篇、名称は『商君書』。現在の研究段階では、「更法」「錯法」「徠民(らいみん)」「弱民」「定分」の5篇は、明白に商鞅以後の事実などがみえるため、彼の作品ではないとされ、自著と確認されるのは、「墾令」「靳令(きんれい)」「外内」「開塞(かいそく)」「耕戦」の5篇である。他の諸篇はいずれとも断定できない。自著の主要内容は富国強兵の施策による君主権の強化であって、対外的には戦争、対内的には農業の重視と具体的方策の提示、厳刑主義の法治の遂行、学者・手工業者・商人の抑圧の主張が中心である。この平和時には耕作し戦時には戦う農民の重視、文民・手工業者・商人などの抑圧の思想は、後の韓非(かんぴ)に継承された法家の重要な基本的態度である。自著と確認されない諸篇も軍事などを説くが、多くは自著にみえる主張とほぼ同じ内容である。

[澤田多喜男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうし シャウシ【商子】
中国の法家の書。五巻。戦国時代の公孫鞅(商鞅)撰という。法律・土地制度の改革、刑罰をきびしくする制度などを説いている。もと二九篇あり、現存二四篇。商君書。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

商子
しょうし
商君書」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商子
しょうし
商鞅」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

商子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation