@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

商店街【しょうてんがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

商店街
しょうてんがい
shopping street
小売りや卸売りの機能が集中している市街地都心を中心とする都心 (中心) 商店街,交通の起終点発達する第2次 (→副都心 ) 商店街,さらに住宅地などに発達する近隣商店街がある。東京の場合,中央区 (日本橋京橋銀座) などは都心商店街の典型。ここでは一般に高級買い回り品の取り引きが盛んで,巨大なデパートの発達もみられる。第2次商店街は,新宿渋谷,池袋など副都心的性格をもつところにみられる。都心商店街に類似したものとして,地下商店街がある。また最近は,既成市街地から離れたところに駐車場をもつスーパーマーケットやショッピングセンターなども進出してきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうてん‐がい〔シヤウテン‐〕【商店街】
商店が多く立ち並ぶ通りや地域。「駅前商店街

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうてんがい【商店街 shopping street】
都市の特定地区に多数の商店が集中している街区を指し,一般に最寄品や買回り品(〈商品〉の参照)を取り扱う独立の中小小売業者から構成されている。商店街は消費者と近接して食料品衣料品雑貨など日常生活に必要な物資を中心として提供しているが,大型店の進出や交通機関の発達によって構造的な変化を迫られている。商店街の近代化には,1962年に商店街振興組合法,73年に中小小売商業振興法が制定され,その活性化がすすめられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうてんがい【商店街】
商店の並んでいる町の一画や通り。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうてん‐がい シャウテン‥【商店街】
〘名〙 商店が多く立ち並んでいるまち。商店が道に面して立ち並んでいる町並。
※天国の記録(1930)〈下村千秋〉一一「その周囲を取り巻く商店街との握手によって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商店街」の用語解説はコトバンクが提供しています。

商店街の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation