@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

商標法【しょうひょうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

商標法
しょうひょうほう
昭和 34年法律 127号。商標を保護することにより,商標を使用する者の業務上の信用の維持をはかることを目的として制定された。自己の業務について使用をする商標について,商標登録を受けた商標権者は登録商標の使用をする権利を専有することになる。商標登録を受ける要件としての業務および使用は将来のものでもよい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

商標法
商標の登録、権利内容、保護を定めた法律。日本では先願主義による商標権制度を基本としており、商標として権利主張あるいは保護を受けるためには、特許庁に出願し、審査の上、登録する必要がある。ちなみに米国は先使用主義を採用している。登録された商標の存続期間は10年間。ただし10年ごとの更新により、実質的には半永久的に商標権を維持できる。商標権の権利範囲は拡大基調で、1992年にはサービス業者の信用の基本となるサービスマーク(役務商標)、96年には3次元の立体商標、2002年にはネット上で表示・使用される商標、05年には地域ブランドと呼ばれる地域団体商標、06年6月の法改正では小売業者等の商標のサービスマークとしての保護などに及んでいる。近年では、CM用のサウンドロゴ(企業や商品の名を印象づける短い音楽)が著作物か否かとの議論もあるが、商標分野では、特定の音やにおいなどが今後の保護対象として議論されている。
(桜井勉 日本産業研究所代表 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しょうひょう‐ほう〔シヤウヘウハフ〕【商標法】
商標を保護することによって、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図り、需要者の利益を保護することを目的とする法律。昭和35年(1960)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうひょうほう【商標法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうひょうほう【商標法】
商標を保護し、その使用者の業務上の信用の維持を図り、産業の発達に寄与するとともに需要者の利益保護のための法律。1959年(昭和34)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうひょう‐ほう シャウヘウハフ【商標法】
〘名〙 商標を保護することによって、不正競争を防止し、商標を使用する者の信用の維持を図ることを目的とする法律。日本の現行法は、昭和三四年(一九五九)に制定。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商標法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

商標法の関連情報

関連キーワード

ループバックアドレスL判メルセンヌ素数以西底引網漁業沖合底引網漁業フッ化ホウ素クロラミンスルファメラジンペルー日本大使公邸人質事件二大政党制

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation