@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

商標登録【しょうひょうとうろく】

大辞林 第三版

しょうひょうとうろく【商標登録】
1959年(昭和34)制定の商標法に基づく商標を特許庁に登録出願すること。認められた商標は登録商標という。商標登録により商標使用者は10年間商標権を持つことができ、他者のその商標の使用を排除できる。 → 登録商標

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

商標登録
会社名や商品名、サービス名、ロゴなどを他人のものと識別するための標識として特許庁に登録すること。事業者の営業活動によって蓄積された信用を保護することが目的。登録された商標は10年間、独占的に使うことができる。だが、たとえば国旗と似ているものや公序良俗を害する恐れがあるもの、他人の登録商標と似ているものなどは登録を受けることができない。最近は、一般に広く使われている名称が商標登録されるがしばしば見られ、問題となっている。
(2008-02-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しょうひょう‐とうろく〔シヤウヘウ‐〕【商標登録】
特許庁商標を登録すること。商標所有者の申請を受けて、特許庁が審査し、商標原簿商標権の設定を登録する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうひょう‐とうろく シャウヘウ‥【商標登録】
〘名〙 商標を専用しようとする者が、規定に従って商標原簿に、その商標を登録すること。商標権はこの登録によって発生する。
※太政官達第二五号‐明治一八年(1885)六月五日(法令全書)「醤油税、菓子税及び商標登録手数料の新たに収入するもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

商標登録
商標制度」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

商標登録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

商標登録の関連情報

関連キーワード

新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation