@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

商鞅【しょうおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

商鞅
しょうおう
Shang-yang
[生]?
[没]孝公24(前338)
中国,戦国時代の政治家,法家鞅ともいう。衛の出身孝公に仕え,商君に封じられる。2回にわたる改革郡県制の実施,隣保制連座制の強化,大家族制の分解,土地制度の改革,戦功による爵位授与など一連法治主義政策を断行し,秦の発展の基礎をつくった。孝公の死後公族に憎まれ車裂きを科せられた。彼の政策を伝えたものに『商君書 (商子) 』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐おう〔シヤウアウ〕【商鞅】
[?~前338]中国、戦国時代の政治家。公子の孝公に仕え、法家的改革を断行して秦を富強にし、商に封ぜられたが、強圧的な改革と厳しい信賞必罰の政策が旧貴族反発を買い、孝公の死後、車裂きの刑に処せられた。商君。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうおう【商鞅 Shāng Yāng】
?‐前338
中国,戦国秦の政治家。衛の公子の出身では公孫または衛,名は鞅。後に秦における功績で商(陝西省商県)に封ぜられたので商鞅という。で法家のを学び,はじめ魏に仕えていたが認められず,たまたま秦の孝公が人材を求めていると聞いて,魏を去り秦に行った。彼は強国の術を説いて信任を得ると,前359年(孝公3)と前350年の2度にわたって〈商鞅変法〉と総称される大改革を断行した。富国強兵の実をあげ,君主を頂点とする強力な中央集権体制の確立を目ざしたこの改革により,秦は一躍して西方の強国となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

商鞅
しょうおう
(?―前338)

中国、戦国時代の秦(しん)の政治家、法家の思想家。衛の公室の子孫であったため衛鞅または公孫鞅ともよばれた。初め魏(ぎ)の宰相公叔座(こうしゅくざ)(?―前361)に仕えたが、その死後は秦の孝公(在位前361〜前338)に仕えた。孝公の信頼を得、その承認のもとで、貴族層の強い反対を押し切って、紀元前359年、前350年の2回にわたる大政治改革を断行した。いわゆる「商鞅の変法」であり、その目的は、旧来の貴族層の特権を廃し、君主が官僚を使って民を直接支配する中央集権政治の体制をつくり、それによって富国強兵を実現しようとするにあった。この政策はいちおう成功し、隣国の魏と戦って勝ち、西方の後進国の秦を一躍強国にし、その功績によって商の地に封ぜられ、商君と号し、商の姓を名のった。やがて、その強制的改革は貴族層の強い恨みを買い、孝公の死後車裂(くるまざき)の刑に処せられた。しかし商鞅のつくった新しい法の精神は以後も受け継がれ、秦の全国統一達成の基礎になったといわれる。『商子』(商君書)を著したと伝えられるが、多くの篇(へん)は後の法家の手になるものと考えられている。

[太田幸男 2015年12月14日]

『司馬遷著、小川環樹他訳『史記列伝』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐おう シャウアウ【商鞅】
中国、戦国時代秦の政治家。名は鞅。姓は公孫氏。商君と号す。衛の公族出身で、秦の孝公の宰相になり変法の令を定め、富国強兵と厳格な法治主義を行ない、秦の覇業の基礎をつくった。孝公の死後、反対派貴族に謀反の罪をきせられ、車裂の刑に処せられた。「商子」を著わしたといわれる。紀元前三三八年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

商鞅
しょうおう
?〜前338
戦国時代の秦の政治家で,衛の貴族
姓は衛。秦によって商に封じられ,商君と称す。法家に学び,秦の孝公に仕え,法治主義をとって富国強兵策を行って成功,秦統一の基礎をつくった。宗族・貴族の恨みかい,孝公の死後,子の恵文王のとき殺された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商鞅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

商鞅の関連情報

関連キーワード

孝公アルタクセルクセス3世孝公[秦]アルキダモス3世アレクサンドロス(マケドニア王)再審食品添加物アデル公訴棄却日本ネイリスト協会(JNA)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation