@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

問題【モンダイ】

デジタル大辞泉

もん‐だい【問題】
解答を求める問い。試験などの問い。「数学の問題を解く」「入試問題
批判・論争・研究などの対象となる事柄。解決すべき事柄。課題。「そんな提案は問題にならない」「経済問題」「食糧問題
困った事柄。厄介な事件。「新たな問題が起きる」
世間が関心をよせているもの。話題。「問題議員

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

問題
もんだい
problem 英語
Problem ドイツ語
problème フランス語

一般に答えを必要とする問い、課題をいう。事象のあり方や生起の理由、原因などを「なぜか」と問うように、人間にはおのずと問いが生まれる。だが、問題は、文化、文明や主体の関心、探究心の程度によりさらに意識的となり、また、実用性を離れて純理論的となる。問題は答えを要求するが、一つの問題の解決は進んで新しい問題を生みやすく、ここに知識や認識の深化・拡大がみられ、さらに解決の方法、手段の確立、体系化により、問題は諸個別科学の分野を生んだ。

 哲学は、科学的問題や解決の方法の性格の解明と同時に、科学と哲学の問題の異同の明確化自体を重要な課題とするが、哲学的問題の対象が、世界、知識の可能性と限界、人間の生とその生き方などのように異なるに応じて、存在論(形而上(けいじじょう)学)、認識論、倫理学などの分野が分かれ、科学よりも普遍的、根源的、全体的な問いが予想される。

[杖下隆英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐だい【問題】
〘名〙
① 答えを求めるための問い。解答や教えを要求する問い。質問。
※中右記‐長治元年(1104)八月一日「法事了論義、問者興福寺経禅、有表白詞、但問題許也」
※河海抄(1362頃)序「問題を左右にたてまつらしめて論談のかちまけをあらそはせられ」
② 批判や論争、または研究の対象となる事柄。解決しなければならない事柄。〔哲学字彙(1881)〕
※濁った頭(1911)〈志賀直哉〉一「宗教上の問題などには全く自信のない人間だったのです」
③ 心にとめて考えるべき事柄。注目すべき点。
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉髯の有無「実際髯(ひげ)などは何(ど)うでも可い、問題(モンダイ)は尻尾の有無である」
④ 話の主題。世間で注目を集めている事柄。話題。「これが問題の人物です」
⑤ 面倒な事柄。厄介な事件。「問題を起こす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

問題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

問題の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation