@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

喀痰【カクタン】

デジタル大辞泉

かく‐たん【××痰】
[名](スル)痰を吐くこと。また、吐いた痰。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくたん【喀痰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくたん【喀痰】
スル
痰をはくこと。また、その痰。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

喀痰
かくたん
一般に気道とよばれる呼吸器系、すなわち口腔(こうくう)、鼻腔、咽喉頭(いんこうとう)腔、気管、気管支、肺胞などの粘膜からの分泌物の総称で、通常、咳(せき)などにより体外に喀出され、痰とよばれる。喀痰には、細菌、塵埃(じんあい)、種々の細胞などが混入されていることが多く、気道あるいは肺の病変を反映するので、呼吸器疾患の場合、喀痰の検査は不可欠である。性状によって、漿液(しょうえき)性、粘液性、膿(のう)性、泡沫(ほうまつ)性などに分類される。粘液性のものは分泌物の粘稠(ねんちゅう)度(粘り気)の増加ばかりでなく、気道閉塞(へいそく)症状に関係して、痰のいわゆる切れにくさの原因となる。黄色膿性のものは細菌感染を示し、肺化膿症では腐敗菌の感染により悪臭を放つ。喀痰の細菌検査の際、できるだけ唾液(だえき)などの混在を避けても、口腔内に常在する細菌が混入するため病原性の確認は困難なこともあるが、大量の同一菌を再度にわたり検出すれば、診断上意味があるばかりでなく、その菌の化学療法薬剤の感受性、耐性を検査することが可能で、治療上も有意義である。
 肺結核症の診断には、痰の結核菌の検出が重要で、塗抹(とまつ)、染色標本による顕微鏡的検査および培養検査が行われている。塗抹染色標本による結核菌の検出程度は、ガフキーGaffkyの分類によって表現される。患者の喀痰中に結核菌が認められる場合には開放性結核とよばれ、結核蔓延(まんえん)の原因となるため、社会的、公衆衛生学的に重視されている。喀痰中の細菌、真菌、寄生虫卵、ウイルスなどの検査のほか、痰の中に含まれる各種の細胞の検査も、細胞診とよばれ、臨床検査学の重要な分野である。細胞中に白血球のうち、好中球の滲出(しんしゅつ)が著明であれば化膿性疾患を、好酸球が著明であればアレルギー疾患の証明となり、血鉄素(ヘモジデリン)を含有した食細胞があれば肺うっ血を証明することとなる。とくに肺癌(がん)検索のために行われる喀痰中の癌細胞の検出は、今日広く行われている細胞診の代表的な例である。[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐たん【喀痰】
〘名〙 咳(せき)とともに吐き出される気道の分泌物。口腔、咽頭腔からの分泌物も含まれることがある。肺水腫、気管支拡張症、肺膿瘍などの場合にとくに多くみられる。〔医語類聚(1872)〕
※星座(1922)〈有島武郎〉「喀痰の中に新鮮な血の交ったのがいくつも出て来る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喀痰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喀痰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation