@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

喀血と吐血【かっけつととけつ】

六訂版 家庭医学大全科

喀血と吐血
かっけつととけつ
Hemoptysis and Hematemesis
(外傷)

 喀血も吐血も口や鼻をとおして出てくる出血ですが、出血源が異なります。喀血とは気管や気管支、肺などの呼吸器系の器官からの出血であり、吐血とは食道や胃、十二指腸などの消化器系の器官からの出血です。

 喀血と吐血を判別することは簡単ではありませんが、一般的には喀血は(せき)などと一緒に起こり、真っ赤(鮮紅色)な色であり、泡沫(ほうまつ)と一緒に出てきます。吐血は胃液と混合されることが多いので、暗赤色、茶色~褐色、黒色であり、コーヒー残渣(ざんさ)様と表現されることがあります。

山崎 元靖

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喀血と吐血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喀血と吐血の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation