@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

善の研究【ぜんのけんきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

善の研究
ぜんのけんきゅう
西田幾多郎著。 1911年刊。日本語で書かれた哲学書として最も広く読まれている。西欧哲学の単なる紹介のをこえた,日本人独自の体系樹立を試みた最初の哲学書として意義が大きい。全4編から成り,第1編は純粋経験,第2編は実在,第3編は,第4編は宗教となっている。その基礎的な概念は「純粋経験」と呼ばれ,主客未分の,あるがままの事物の直接的な知覚をいい,思考も思想意志も包含する性格のものである。西田はこうして「純粋概念」のみが唯一実在であると考え,それを自己の根本的立場とすることによって独我論をこえることができたとしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

善の研究
ぜんのけんきゅう

近代日本の代表的哲学者西田幾多郎(きたろう)最初の体系的著述。1911年(明治44)刊。本書は、第1編「純粋経験」、第2編「実在」、第3編「善」、第4編「宗教」の4編よりなる。第2、第3の両編は金沢の第四高等学校での講義の草案であるが、難解なため学生が請うて印刷したことがあり、著者によると第2、第3の2編がまずでき、第1、第4の順序でできあがったものだという。

 本書は第四高等学校教授であった無名の著者をして一躍学界に有名ならしめたもの。欧米哲学摂取後、ただこれを紹介するのとは違い、自家薬籠(やくろう)中のものとするのみならず、批判すべきものは批判し、摂取すべきは摂取し、しかもいわゆる哲学の領域より文芸家、美術家の作品、ことばの潜めた深い体験に及び、さらに「純粋経験」や「生の躍進」などは禅体験からいっそう深遠な意味を付加されるに至った。当時の哲学徒をして、明治以後の日本人の手になる最初の独創的な哲学の書と称賛せしめたのも、歴史的に顧みてむべなるかなと思われる。

[高山岩男]

『『善の研究』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

善の研究」の用語解説はコトバンクが提供しています。

善の研究の関連情報

関連キーワード

牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation