@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

喇叭【ラッパ】

デジタル大辞泉

らっ‐ぱ【××叭】
金管楽器総称真鍮(しんちゅう)製の一端に吹口がつき、他端が朝顔形に開いたもの。トランペットホルンなど。
弁のない簡単な構造のトランペット。数種の倍音のみを発し、信号や儀式の奏楽に用いる。
蓄音機などの朝顔形の拡声器
喇叭飲み」の
大言壮語すること。→喇叭を吹く
[補説]梵語ravaからとも、また、オランダ語roeperからともいわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らっぱ【喇叭】
金管楽器の総称。また、特に無弁のナチュラルトランペットのこと。 進軍-
朝顔形に末端の開いた拡声器。
「らっぱ飲み」の略。 語源未詳。梵語 rava から、オランダ roeper から、あるいは、中国語喇叭からか、など諸説がある
[句項目] 喇叭を吹く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らっ‐ぱ【喇叭】
〘名〙
① 金管楽器の一つ。もと古代のエジプトやインド、ユダヤなどで発達したナチュラル‐トランペットのこと。さらにそれに由来する中国のチャルメラや、日本の旧軍隊用の信号らっぱのこと。また、金管楽器の日本における一般的な総称にも用いる。唐人笛
※浮世草子・好色二代男(1684)八「らっば、ちゃるめら、万の物の音迄もゆたかに」
② 蓄音機やラジオなどの朝顔型の拡声器。
※蓄音機(1922)〈寺田寅彦〉「其の装置を取り外して、更に発声用の振動膜と喇叭を取りつけた」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「栓を抜くと直に口を当支って、呷々と喇叭で飲むで」
④ 大言壮語すること、ほらを吹くことをいう俗語。
※浅草紅団(1929‐30)〈川端康成〉四六「ラッパぢゃねえのか、そりゃお前。ピタニノル(旅に出る)にしたって、第一ノリヒンは確かか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喇叭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喇叭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation