@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

喉頭蓋【こうとうがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

喉頭蓋
こうとうがい
epiglottis
喉頭口の前部にあり,食物を飲込むとき喉頭口をふさいで気管に入らないような働きをする舌状の突出物。内部喉頭蓋軟骨を含んでいて,弾力性がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうとう‐がい【喉頭蓋】
喉頭の入り口を覆う、ふた状のもの。舌根のすぐ後ろにある高まりで、飲食物食道へ行くように喉頭をふさぐ。会厭(ええん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

喉頭蓋
こうとうがい

喉頭腔(くう)の上方にある喉頭口に位置する器官で、会厭(ええん)ともいう。喉頭蓋は喉頭口の前壁からさじのような形で後上方に突出する弾性軟骨で、軟骨下部は細くなり、甲状軟骨の正中部後面に付着している。嚥下(えんげ)の際には喉頭口の蓋(ふた)となる。

[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喉頭蓋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喉頭蓋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation