@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

喜多川歌麿【きたがわ うたまろ】

美術人名辞典

喜多川歌麿
江戸中・後期浮世絵師狂歌師。名は信美、字は豊章、俗称勇助・勇記、号は一窓主裡町斎・燕岱斎・柴屋、狂名は筆の綾丸。鳥山石燕師事。寛政3年女性美の理想的表現法、美人大首絵を発表、世人の注目を集めた。代表作に「寛政三美人」「たのしきまとひ」等がある。文化3年(1806)歿、53才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

きたがわ‐うたまろ〔きたがは‐〕【喜多川歌麿】
[1753~1806]江戸後期の浮世絵師。喜多川派本姓北川。初めの号は豊章。独自の美人画、特に大首絵(おおくびえ)創案、女性の官能的な美を描き出した。狂歌絵本・肉筆画も制作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典

喜多川歌麿
1753〜1806(宝暦3年〜文化3年)【浮世絵師】美人画の代名詞的な浮世絵師。 世界のウタマロ。浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。肉筆画・春画にもすぐれたが、「八景浮世絵」など名所風景画にも名作を残す。晩年は筆禍事件で手鎖のを受けるなど、失意のうちに没した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きたがわうたまろ【喜多川歌麿】
1753?‐1806(宝暦3?‐文化3)
江戸時代の浮世絵師。伝記的に不明な部分が多く,宝暦3年出生は通説。出生地も江戸,川越,京都などの各説あるが,近時は江戸説が有力。本は北川氏,名は勇助あるいは市太郎。画号ははじめ豊章,のち歌麿と改め,画姓も喜多川とする。俳名は石要,狂歌師名は筆綾丸(ふでのあやまる)と称した。幼時から町狩野(まちがのう)の鳥山石燕に絵を学び,初作は1775年(安永4)の《四十八手恋所訳》下巻表紙絵。天明元年(1781)の年号のある序文をもつ黄表紙《身貌大通神略縁起》に画工歌麿の名があり,歌麿改名はこのころと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きたがわうたまろ【喜多川歌麿】
1753?~1806 江戸後期の浮世絵師。鳥山石燕せきえんに学ぶ。美人大首絵に独自の様式を展開、多大な人気を博し、後世の美人画に大きな影響を与えた。代表作「当時全盛美人揃」「娘日時計」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

喜多川歌麿
きたがわうたまろ
[生]宝暦3(1753)
[没]文化3(1806).9.20. 江戸
江戸時代中・後期の浮世絵師。姓は北川,幼名市太郎,のちに勇助または勇記,号は歌麿のほかに石要,木燕,紫屋など。狩野派の鳥山石燕に師事。初め北川豊章と称し,安永4 (1775) 年頃から役者絵や黄表紙,洒落本などの挿絵を描く。天明1 (81) 年頃,版元の蔦屋重三郎と知合い,歌麿と改名してから『絵本虫ゑらみ』 (88) ,『絵本潮干のつと』『百千鳥狂歌合 (ももちどりきょうかあわせ) 』など豪華な狂歌絵本を蔦屋から次々に出版。また寛政期頃からは美人画に独自の画境を開き,『歌撰恋之部』『娘日時計』『青楼十二時』『婦人相学十躰』などを代表作に数百種の錦絵を版行し,美人画家として浮世絵界に君臨した。歌麿美人画の特徴は美人の顔貌,外見の美しさに加えて,内面心理の表現にまで鋭く迫っている点にあり,大首絵雲母摺 (きらずり) を工夫して女性美の深奥を細かに描出した。文化1 (1804) 年『太閤五妻洛東遊観之図』が幕府の忌避にあい入牢,翌々年失意のうちに没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

喜多川歌麿
きたがわうたまろ
(1753?―1806)
江戸後期の浮世絵師。北川氏。通称勇助あるいは市太郎、画名は初め北川豊章(とよあき)、天明(てんめい)年間(1781~1789)初め歌麿(哥麿、歌麻呂)と改め、画姓も喜多川と表記するようになる。歌麿は当時「うたまる」と読まれた。狂歌をたしなみ、狂歌名を筆綾丸(ふでのあやまる)といった。幼少のときから絵を鳥山石燕(せきえん)に学び、1775年(安永4)刊の富本浄瑠璃正本(とみもとじょうるりしょうほん)『四十八手恋所訳(しじゅうはってこいのしょわけ)』の表紙絵が、浮世絵師としての処女作となる。錦絵(にしきえ)の初作は『芳沢(よしざわ)いろはのすしや娘おさと』で、1777年8月中村座上演の舞台に取材する役者絵であった。これら豊章時代の初期作には勝川春章(しゅんしょう)からの影響が濃厚に表れている。
 天明(てんめい)年間に入って歌麿と改名して以後は、鳥居清長の画風を慕い、美人画家として成長していく。また、新興の版元蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)(蔦重)に才能を認められ、錦絵ばかりでなく、豪華な多色摺(ず)りの狂歌絵本を次々と蔦屋から発表、写実的な作風に磨きをかけた。『画本虫撰(えほんむしえらみ)』(1788刊)、『潮干(しおひ)のつと』『百千鳥(ももちどり)』(以上1789、1790刊)の三部作は、虫、貝、鳥を写生風に描いた色摺りの挿絵をもつ歌麿狂歌絵本の代表作として知られる。
 錦絵における美人画の作画は、清長の群像表現を模倣することから始まるが、やがて対象に近接して、女性の表情の微細な変化を写し留める「大首絵」という形式を創案、寛政(かんせい)年間(1789~1801)初めには独自な作風を確立させた。「雲母摺(きらずり)」や「黄つぶし」の地に女性の柔肌(やわはだ)を美しく浮かび出させるために、ときには朱線を用い、あるいは輪郭線を省略するなど、独創的な表現法をさまざまにくふうした。また、寛政の改革のさなかにあって、彫りの精緻(せいち)や色摺りの度数が制限されたのをかえって逆用し、わずかな色数と限られた線描によって、版画ならではの明快率直な美的効果を実現したものであった。1792、1793年(寛政4、5)ごろの美人大首絵の連作『歌撰恋之部(かせんこいのぶ)』『婦人相学十躰(ふじんそうがくじったい)』などには、各階層にわたる婦女の心理的な深みをも伝える顔貌(がんぼう)表現が尽くされており、また続く1794、1795年の『高名美人六家撰(こうめいびじんろっかせん)』『当時全盛美人揃(とうじぜんせいびじんぞろえ)』などでは、全盛の遊女や茶屋女など実在の美女をモデルに、類型的表現のなかで各人の個性的容貌を微妙に描き分けるなど、単なる美人画家にとどまらぬ肖像画家としての優れた資質をも発揮している。さらに同じころの全身像による連作『青楼十二時(せいろうじゅうにとき)』では、新吉原遊廓(ゆうかく)における遊女の1日の生活模様を活写して、フランスの作家エドモン・ゴンクールが「青楼画家」Le peintre des maisons vertesと名づけた真価を発揮している。
 歌麿の雲母摺大首絵は当初、版元蔦屋重三郎の助言と後援のもとに企画・発表されたものと思われ、その秀作は多く蔦屋から版行されている。歌麿芸術の開花に尽くした蔦重の功績は甚だ大きいが、事実、1797年の蔦重の死を境として、歌麿の作品の質に変化がおこってくる。他の版元からの依頼が増して、多作・乱作が作品の質を低下させた気味もあるが、よき助言者であった蔦重好みの古典的格調を失った結果とも思われる。肉感的描写が進み、デカダンな退廃美を表して、その後の幕末美人画の傾向をすでに確かに予言しているところは、浮世絵界随一の美人画家を自負した歌麿らしい晩年であった。1804年(文化1)『太閤記(たいこうき)』関係の錦絵が幕府にとがめられ、入牢(にゅうろう)、手鎖(てぐさり)の刑を受け、文化(ぶんか)3年9月20日、失意のうちに没した。法名は釈円了教信士、浅草の専光寺(現在は世田谷区に移転)に葬られた。代表作としては前述のほかに、錦絵揃物(そろいもの)に『娘日時計』『北国五色墨(ほっこくごしきずみ)』『教訓親の目鑑(めがね)』、艶本(えんぽん)として『歌まくら』(1788刊)、肉筆画に『更衣美人』(東京・出光(いでみつ)美術館)などが知られる。
 門人に、2代歌麿、月麿(菊麿)、藤麿らがいるが、いずれも亜流画家に終わっている。[小林 忠]
『吉田暎二著『日本の美術23 歌麿』(1972・小学館) ▽楢崎宗重他著『在外秘宝 喜多川歌麿』(1973・学習研究社) ▽菊地貞夫著『浮世絵大系5 歌麿』(1975・集英社) ▽楢崎宗重監修『肉筆浮世絵6 歌麿』(1981・集英社) ▽狩野博幸著『名宝日本の美術22 歌麿』(1981・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きたがわ‐うたまろ【喜多川歌麿】
江戸中期の浮世絵師。姓は北川。名は信美。初号、豊章。狂歌名、筆の綾丸。鳥山石燕(せきえん)の門に学び、細判の役者絵や絵本を制作する。のち大首絵を創案し、優麗繊細な描線でさまざまな姿態、表情の女性美を追求。版元蔦屋(つたや)重三郎の援助を得て抜群の才を発揮し、美人画の第一人者とされる。代表作に「画本虫撰(えほんむしえらみ)」「当時全盛美人揃(そろえ)」「婦女人相十品」など。宝暦三~文化三年(一七五三‐一八〇六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

喜多川歌麿
きたがわうたまろ
1753〜1806
江戸中・後期の浮世絵師
出生地不詳。初め鳥居清長風の美人画を描いたが,のち独自の画風を開いた。特に大首絵 (おおくびえ) で女性の細かい表情を巧みに描出し,浮世絵美人画の極致といわれ,のちの美人画に大きな影響を与えた。代表作に『高名美人大家撰』『娘日時計』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜多川歌麿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喜多川歌麿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation