@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

営業的商行為【えいぎょうてきしょうこうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

営業的商行為
えいぎょうてきしょうこうい
営業として反復継続して行なうことにより商行為となる行為。商法は,営業的商行為にあたる行為として,投機貸借とそれらの実行行為他人のための製造・加工,電気ガス供給運送,作業・労務請負,出版・印刷または撮影に関する行為,場屋取引両替その他の銀行取引,保険,寄託の引き受け,仲立ち・取次ぎ,商行為の代理の引き受け,信託の引き受けという 13種類の行為を限定的に列挙している(502条)。ただし,手内職等のもっぱら賃金を得る目的で物を製造し,または労務に従事するの行為は含まれない(商法502条但書)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいぎょうてきしょうこうい【営業的商行為】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

営業的商行為」の用語解説はコトバンクが提供しています。

営業的商行為の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation