@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嗣子【しし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

嗣子
しし
si zi
旧中国において,法律上の正規の養子をさす言葉。過継子ともいう。事実上の養子を義子螟蛉子などと称するのと区別される。異姓不養が固いとされ,子は同宗昭穆相当の者 (男系の血族で生れるべき子と同じ世代に属する者) のうちから選ばなければならないものとされていた。男子孫を残さずに死亡した者のために,あとから嗣子を立てることも行われた。嗣子に対して養父養母を嗣父嗣母という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐し【嗣子】
家を継ぐべき子。あととり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しし【嗣子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しし【嗣子】
家のあとを継ぐ子。あとつぎ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐し【嗣子】
〘名〙 家督をつぐべき子ども。あととり。あとつぎ。よつぎ。
※随筆・過庭紀談(1768)四「自ら嗣子と称するは、諸侯の称する詞にて、士大夫の称すべき詞に非ず」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「ヘヌリを仏蘭西王の嗣子と定め」 〔春秋左伝‐哀公二〇年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嗣子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嗣子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation