@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嘉吉の乱【かきつのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

嘉吉の乱
かきつのらん
嘉吉1 (1441) 年,赤松満祐が室町幕府6代将軍足利義教を暗殺した事件。赤松氏は尊氏挙兵に際して功労あり,外様 (とざま) でありながら播磨備前美作守護を兼ね,四職家 (→三管四職 ) の一つとして幕府に重きをなしていた。僧門より還俗して将軍となった義教は,幕権の伸長をはかるあまり,幕府に功労のあった一色義貫らを討ち,また満祐の弟の所領を没収し寵愛赤松貞村に与えた。身に危険を感じた満祐は,結城合戦勝利祝賀のためと称して,嘉吉1年6月 24日義教を京都の自邸に招いて殺した。幕府は義教の子義勝を後継者に立て,山名持豊を中心に赤松追討軍を編成し,本領播磨に逃れた満祐を攻めて自殺させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かきつ‐の‐らん【嘉吉の乱】
嘉吉元年(1441)、播磨(はりま)守護赤松満祐(あかまつみつすけ)が京都の自邸に将軍足利義教(あしかがよしのり)を招いて殺し、満祐も播磨で幕府軍に討たれた事件。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かきつのらん【嘉吉の乱】
1441年(嘉吉1)赤松満祐が,専制化を強めていた6代将軍足利義教を自邸で殺し,みずからも播磨で死した事件。義教将軍就位期は,武力対決を辞さない構えをみせた鎌倉公方足利持氏との対立だけでなく,1428年(正長1)8月には持氏の動きと連動しつつ伊勢国司北畠満雅が,南朝後亀山天皇の皇子小倉宮聖承を奉じて挙兵,さらに10月には,天皇,将軍の代替り徳政を要求し,近江や山城以下の土民が蜂起した(正長(しようちよう)の土一揆)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かきつのらん【嘉吉の乱】
1441年(嘉吉1)赤松満祐みつすけが将軍足利義教よしのりを自邸で暗殺した事件。有力守護をおさえて将軍の地位を強化しようと企図した義教が、満祐を圧迫したことによる。満祐は山名持豊らの幕府軍に敗れて自殺し乱は終わるが、幕府の権威も以後衰退した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

嘉吉の乱
かきつのらん
1441年(嘉吉1)6月24日赤松満祐(あかまつみつすけ)が将軍足利義教(あしかがよしのり)を京都西洞院二条の自邸に招き、猿楽(さるがく)の宴中に殺害して下国し、幕府討伐軍に攻められて9月10日播磨(はりま)国守護所越部城(木)山(こしべきのやま)城(兵庫県たつの市)に自害し、赤松氏惣領(そうりょう)家が滅んだ事件をいう。満祐は1427年(応永34)父義則(よしのり)の没後その跡職を継いだが、その際将軍義持(よしもち)に播磨国を没収されかけたことがあり、またその後中央政界において高い政治的地位を占めるが、義教が赤松氏庶子家の満政(みつまさ)・貞村(さだむら)らを厚遇したためにしだいに疎んじられた。義教は39年(永享11)関東管領(かんれい)足利持氏(もちうじ)を討ち(永享(えいきょう)の乱)、また翌年一色義貫(いっしきよしつら)、土岐持頼(ときもちより)を殺害してその領国を没収するなど強権を振るい、満祐の弟義雅(よしまさ)の所領も没収した。義教弑逆(しいぎゃく)はこのように緊迫した状況のなかで起こった。満祐はただちに一族家臣らを率いて播磨に下り、加東郡の安国寺(加東(かとう)市)において義教の葬儀を挙行し、供養(くよう)を行った。一方幕府はやっと7月初めに赤松氏討伐を決定し、8月初めには赤松氏治罰の綸旨(りんじ)が下された。討伐軍の進攻は順調ではなかったが、細川持常(ほそかわもちつね)を大将とする大手の軍勢は8月下旬の明石(あかし)人丸塚の合戦に赤松勢を打ち破り、また但馬(たじま)口からは山名持豊(やまなもちとよ)の軍勢が攻め込んで赤松勢を書写山麓(しょしゃさんろく)の坂本城(姫路市)まで退却させた。赤松勢は坂本城の攻防戦にも敗れて越部城(木)山城に撤退したが、山名氏の軍勢に包囲され、9月10日には満祐らが自害し果てた。なお、嫡子教康(のりやす)は妻の実家である伊勢(いせ)国司北畠(きたばたけ)氏を頼ったが殺害され、また弟義雅の遺児は義雅の妻三条氏の縁で養育された。乱後の処置として、播磨守護職は山名持豊、備前(びぜん)は同教之(のりゆき)、美作(みまさか)は同教清(のりきよ)に与えられた。守護職の獲得は守護請の国衙(こくが)領や荘園(しょうえん)の代官職を得ることでもあり、その経済的収益も大きかった。また赤松氏関係の没収地は山名氏領国の但馬、備後(びんご)の領主層に給与されたりしているが、そのまま本領に居住する赤松氏旧臣もあった。これ以後幕府の権勢は失墜していき、幕政は有力大名、とくに細川氏、山名・大内氏を両輪にして展開するようになる。[岸田裕之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かきつ【嘉吉】 の 乱(らん)
嘉吉元年(一四四一)六月、播磨(兵庫県)守護赤松満祐が室町幕府六代将軍足利義教を自邸の宴に招いて暗殺した事件。領国に帰った満祐は幕府軍に攻められて一族と共に自殺。この事件で幕府の権威は衰え、赤松氏の勢力もなくなった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

嘉吉の乱
かきつのらん
1441(嘉吉元)年,播磨守護赤松満祐 (みつすけ) が6代将軍足利義教 (よしのり) を殺し,満祐もまた幕府軍により討たれた事件
義教は有力守護大名を抑え,将軍の地位を高めようとしており,満祐の一族赤松貞村を寵愛し,満祐の領地をさいて与えようとしたので,満祐は結城合戦平定の祝賀と称して義教を自邸に招いて謀殺し,播磨に帰った。管領細川持之 (もちゆき) らは義教の子義勝をたてて将軍とし,征討軍をおこし,満祐は山名持豊の大軍に攻められ自殺。この乱によって将軍の権威は失墜した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉吉の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嘉吉の乱の関連情報

関連キーワード

嘉吉足利義教足利義教赤松教康赤松満祐大内持世正親町三条実雅嘉吉の土一揆佐々木持清赤松満祐

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation