@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嘱託殺人罪【しょくたくさつじんざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

嘱託殺人罪
しょくたくさつじんざい
殺される者の依頼を受け殺す罪で,普通の殺人より軽く処罰される (刑法 202後段) 。 (→承諾殺人罪 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

嘱託殺人罪
被害者の依頼を受け、その人を殺害した場合に適用される。法定刑は6カ月以上7年以下の懲役禁錮殺人罪(法定刑の上限が死刑)より軽い。人をそそのかしたり手助けしたりして自殺させる自殺教唆・幇助(ほうじょ)罪とは、直接手を下したかどうかという違いはあるが、同じ刑法202条に規定されている。
(2020-07-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

しょくたくさつじんざい【嘱託殺人罪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

嘱託殺人罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嘱託殺人罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation