@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

器官培養【きかんばいよう】

大辞林 第三版

きかんばいよう【器官培養】
生物の器官や組織片を無菌的に分離し、液体または寒天培地を用いて培養すること。園芸植物の繁殖などに応用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きかんばいよう【器官培養】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

器官培養
きかんばいよう
動植物体の一部を、できるだけ立体的構造と機能を保った状態で培養する方法。器官型培養ともいう。動物の器官培養法としては、血漿(けっしょう)、血清、ニワトリ胚(はい)抽出液などを含む生理溶液(培養液)を用いることが多く、培養液を寒天に溶かしてその上に器官を置いたり、培養液の上に多孔質の薄膜を浮かしてその上に器官を置く方法が多く用いられる。一方、植物材料の場合はココナッツミルク(ココヤシの実の胚乳)や酵母の抽出液を加えるのが普通である。植物では組織培養されたものもしばしば器官や個体を形成するので、器官培養と区別しにくいことが多い。動植物とも、器官培養法によって、器官を構成する諸組織や細胞の相互作用、分化、増殖、癌(がん)化の問題などが研究されている。[八杉貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きかん‐ばいよう キクヮンバイヤウ【器官培養】
〘名〙 動植物の器官を生体外に取り出して、無菌的に培養すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

器官培養」の用語解説はコトバンクが提供しています。

器官培養の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation