@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

器物【ウツワモノ】

デジタル大辞泉

うつわ‐もの〔うつは‐〕【器物】
器(うつわ)1」に同じ。
「―をもちてその漏る雨を受けて」〈・下〉
器(うつわ)2」に同じ。
「興ある道にもすぐれ、公の―にもととのひ給へる殿にこそあれ」〈宇津保・祭の使〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐ぶつ【器物】
うつわ。また、器具・道具類の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐ぶつ【器物】
〘名〙 物を入れる器具。また、器具類の総称としても用いられる。うつわもの。道具。きもつ。
※菅家文草(900頃)五・石硯「文人施器物、石硯玉簾前」 〔史記‐封禅書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐もつ【器物】
〘名〙
※続日本紀‐宝亀六年(775)一〇月壬戌「大臣依稽礼典、器物始修」
② その地位や役職などにふさわしい働きのできる能力、才能。物の用に立つ才能。また、そうした能力、才能をもつ人。うつわ。器量。
※太平記(14C後)三〇「凡俗の器物に成られぬる事如何あるべからん」
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「二曲三体の見聞、いづれも延感を成して、不増不減の得益あらん所、是器物也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

器物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

器物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation