@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嚆矢【コウシ】

デジタル大辞泉

こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】
《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。
《昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事のはじまり。最初。「二葉亭の『浮雲』をもって日本近代小説の嚆矢とする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐し カウ‥【嚆矢】
〘名〙
① (「嚆」は、さけびよぶこと) やじりに鏑(かぶら)を用いていて、射ると音をたてる矢。かぶら矢。鳴箭(めいせん)
② (昔、中国で、戦争の初めに①を射たところから) 物事の初め。最初。
※羅山先生文集(1662)二五・七武余論「至今耀武拠国者、皆以頼朝嚆矢
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「是を瓦斯灯の嚆矢とす」 〔荘子‐在宥〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

嚆矢
何かの先がけとなるもののたとえ。

[使用例] わが国における写真の歴史を今ここに詳しく説いている暇はないが、〈〉アメリカの船員が我が役人らを撮影し、あわせてその技術を教えたのが嚆であると云う[岡本綺堂*半七捕物帳|1923]

[由来] 「荘子ざいゆう」に出て来ることばから。こざかしい知恵を振り回すことが世の中の乱れの原因だ、とする考え方から、「賢者として知られたそうちゅうも、極悪人として有名なけつおうとうせきの『嚆矢(戦いを始まるを合図として放つ、音の響く矢)』ではなかった、とだれに言えるだろうか」と嘆いています。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嚆矢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嚆矢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation