@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

囃子【はやし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

囃子
はやし
日本音楽の用語。本来は歌唱において独唱者以外の者がはやことばを斉唱すること。のちに打楽器管楽器による効果音楽または伴奏音楽の意味にも用いられるようになったが,いずれにしても,ある場を引立ててにぎやかな雰囲気を与えることを目標として演奏されることをいう。 (1)  囃子の専業者を囃子方という。,小鼓,大鼓,太鼓の4種類の楽器を用い,謡に伴って演奏を行うほか,人物の登退場などの場面や,事 (まいごと) ,働事 (はたらきごと) など,演技的に重要な部分の音楽を受持つ。 (2) 歌舞伎 能楽に準じて,その専業者を囃子方というが,鳴物 (なりもの) 師ともいい,本来的には長唄の伴奏を原則とするので,長囃子方ともいう。芝居の効果音楽の場合は,舞台向って左の黒い御簾 (みす) の中で演奏するので俗に黒御簾ともいい,また陰囃子ともいう。能の囃子に準じたものと歌舞伎独自の囃子とがあり,「合方 (あいかた) 」という三味線や,「下座 (げざ) 唄」などといわれる効果音楽の伴奏として,三味線に添えて用いられることもあり,そうした効果音楽を総称して「下座」というが,そのなかで,囃子方といえば普通は三味線や唄は除かれる。楽器のうち笛は能管と篠笛 (しのぶえ) の2種を用い,また大太鼓をはじめ各種の打楽器をも扱う。舞踊や演奏会などのとき,囃子方が舞台に並ぶのを出囃子という。 (3) 寄席 出演者の出をはやす「出囃子」,音曲師などの伴奏,落語のなかで音曲を必要とする「はめもの」などがおもな役目で,三味線に専業者をおき,打楽器は大太鼓と締太鼓を主とし,ときに他の楽器をも演奏する。 (4) 民謡民俗芸能 民謡では,はやしことばの斉唱,およびその斉唱者のことをいい,民俗芸能では,その楽器全般あるいは特に打楽器,管楽器のみについていう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はやし【×囃子/×囃】
《動詞「はや(囃)す」の連用形から》
能・狂言・歌舞伎・長唄・寄席演芸など各種の芸能で、拍子をとり、または気分を出すために奏する音楽。主に打楽器と管楽器とを用いるが、芸能によって唄や三味線が加わることもある。
能の略式演奏形式の一。1曲の主要部分(または全曲)を特に囃子を入れて演奏するもの。番囃子舞囃子居囃子素囃子がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

囃子
音や舞、踊りなどを高揚させるために、言葉や音楽で賑やかにはやし立てる事を指します。 日本の各種芸能(能楽・歌舞伎・寄席・長唄・民俗芸能 etc.)や、各地のお祭りで、楽器(主に笛と太鼓)や人声を用いて表現されています。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

はやし【囃子】
日本音楽の用語。映えるようにする,ひきたてるという意味の〈はやす〉から出た語で,独唱,中心となる音楽や演技に添える楽器主体の演奏,またはその演奏者をいう。民俗芸能,能,狂言,歌舞伎,寄席など,それぞれに特徴のある〈囃子〉がある。
[民俗芸能]
 囃子は狭義には楽器主体の演奏をいうが,民俗芸能では,祭場で神の来臨を乞い,土地・人の繁栄を祝う文句を太鼓をたたきながら唱和することを〈しきばやし〉〈うちはやし〉(愛知県北設楽(きたしたら)花祭)などと呼ぶ例があり,ことばや楽器の力で,神霊を発動させ,ものの生命力の強化・伸張をはかろうとする呪的意図があったとみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

囃子
はやし
日本音楽用語。動詞「はやす(囃)」を名詞化した語。
(1)民俗芸能の囃子。祭場での神迎えや神がかりわざの伴奏である神楽(かぐら)囃子、神霊のお渡りに演奏する道中囃子、山車(だし)や屋台に楽器をのせそれを奏でながら道を練る屋台囃子などのほか、祭場での歌舞や盆踊りをはやす踊り囃子、そのほか民俗芸能の囃子は多種あり、楽器や手法もさまざまであるが、古い伝統あるいはその流れを受けているものが多い。
(2)能楽の囃子。能および狂言において、謡(うたい)や舞・働キの伴奏をするほか、人物の登場・退場などの際に演奏される。四拍子(しびょうし)とよばれる笛(能管(のうかん))、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓(たいこ)の4種の楽器がある。能は全演目に囃子が入り、太鼓が加わらない「大小物(だいしょうもの)」、太鼓が入り四拍子ではやす「太鼓物」に分けられる。狂言は正式に演じても囃子を必要とする曲は約3分の1で、「大小物」「太鼓物」のほか、まれに笛・小鼓、あるいは笛だけではやす曲がある。『翁(おきな)』に小鼓が3人出る以外は1楽器1人の構成で、演奏者は舞台奥の囃子座に向かって右から笛、小鼓、大鼓、太鼓の順に並び演奏する。また囃子を要する略式演奏に、舞(まい)囃子(能の後半部を紋付・袴(はかま)姿のシテ方が地謡(じうたい)と囃子によって舞う)、素(す)囃子(謡も舞もなく器楽だけを奏でる)、一調(いっちょう)(小鼓・大鼓・太鼓のうち1人と謡1人で謡曲の一部を演奏する)などがある。
(3)歌舞伎(かぶき)の囃子。その効用から陰(かげ)囃子、出(で)囃子、儀礼囃子に大別できる。〔1〕陰囃子(下座(げざ)音楽ともいわれる)は劇および劇的舞踊における効果・修飾音楽で、舞台下手(しもて)の黒御簾(くろみす)ほか舞台の陰で演奏される。長唄(ながうた)の唄・三味線および鳴物で構成され、非常に多彩な手法を形成しており、効果も幕開き・道具替わり・幕切れの雰囲気の醸成、場面や登場人物の規定、台詞(せりふ)の修飾など多様である。鳴物の楽器は大太鼓が活用されるが、四拍子のほか民間芸能・民俗芸能の楽器も取り入れられて多種にわたる。〔2〕出囃子は舞踊の伴奏をするため舞台で演奏される鳴物で、上段に唄・三味線が並ぶ山台(やまだい)の下段に位置し、楽器は笛(能管、竹笛)、小鼓、大鼓、太鼓の四拍子が用いられるが、1楽器1人ではなく、小鼓、太鼓は複数になることが多い。〔3〕儀礼囃子は芝居の習俗に従い打たれているもので、第二次世界大戦後は簡略化されたが、いまも開幕約30分前に開場を楽屋へ知らせる「着到砂切(ちゃくとうしゃぎり)」(略して「着到」ともいう)や、終演を知らせ翌日の大入りを願う「打ち出し太鼓」などが演奏されており、楽器としては大太鼓、太鼓、能管が使われる。
(4)寄席(よせ)の囃子。歌舞伎囃子の影響を受けて成立したもので、儀礼囃子、出囃子、はめ物の囃子、色物(いろもの)の囃子に分類できる。〔1〕儀礼囃子としては、開場時に打つ「一番太鼓」、演者が楽屋入りしたことを知らせる「二番太鼓」(「着到」ともいう)、終演時の「打ち出し」などがある。〔2〕出囃子は歌舞伎の出囃子とは意味が違い、演者が高座に上るときの囃子で、長唄、清元(きよもと)、義太夫(ぎだゆう)または俗曲などの一部を用い、その数は非常に多い。〔3〕はめ物の囃子は落語のなかで噺(はなし)を修飾するために演奏するもので、上方(かみがた)落語に例が多く、また手踊りや芝居噺の音曲や鳴物も含まれる。〔4〕色物の囃子は奇術や曲芸などの修飾音楽である。寄席の囃子は、弾き唄いの三味線が主奏楽器であるが、鳴物の楽器も楽太鼓(がくだいこ)(胴の薄い張り太鼓)、太鼓、銅鑼(どら)、与助(よすけ)(当(あた)り鉦(がね)のこと)などがあり、主として前座(ぜんざ)が1人で演奏する。[小林 責]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囃子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

囃子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation