@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【はやす】

精選版 日本国語大辞典

はや・す【囃】
〘他サ五(四)〙 (「はやす(栄)」と同語源)
① 声を出したりして曲の調子を引き立てる。
※今昔(1120頃か)二八「詠(うた)ひ吹き叩き増て、急に詠ひ早す」
② 囃子(はやし)を奏する。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「よろづのがく、笛のねをはやし、もろもろのおもしろき声をととのへたり」
③ 調子にのせる。おだてあげる。すかす。
※落窪(10C後)二「我と知らんはいとほしくて、若うはやれ物をはやして言はせて笑ふに」
④ 大きな声でほめたり、あざけったりして騒ぐ。言いたてる。盛んにいう。声をそろえていう。いいはやす。
※徒然草(1331頃)一八〇「法成就の池にこそはとはやすは、神泉苑の池をいふなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

囃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation