@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四つ手網【ヨツデアミ】

デジタル大辞泉

よつで‐あみ【四つ手網】
四角い四隅を、十文字に交差したで張り広げた漁具水底に沈めておき、コイフナなどを捕る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よつであみ【四つ手網】
正方形の網の四隅に湾曲させた竹や木を十文字に結び,その交点または張出しの竹棒をつけ,上下できるようにした漁具。網目は捕獲魚種により異なるが,おもに河川河口湖沼での小規模漁業に用いられてきた。網の大きさはだいたい2~5mほどの小形のものが多く,フナ,白魚,エビ,ボラ,小雑魚を捕獲対象とする。抄網(すくいあみ)の進化した敷網に属し,漁夫1~2名が陸岸とか小船や浅海の高床小屋から,この網を魚の通過点,集魚地の水底に敷設し,一定時間後引き揚げて中の魚類を捕獲する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よつであみ【四つ手網】
敷網の一。正方形の網の四隅を十文字に渡した竹などで張り、その交点に、ひも、または差し出し棒をつけたもの。水底に沈めておき、引き上げて魚をすくい取る。四つ手。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四つ手網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四つ手網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation