@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四元素説【しげんそせつ】

世界大百科事典 第2版

しげんそせつ【四元素説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

四元素説
しげんそせつ
theory of four elements
真に「有るもの」は不生不滅・不変不動であるというパルメニデスの一元論に対し、変化のある感覚世界に立脚して紀元前5世紀に古代ギリシアのエンペドクレスが唱えた。イオニアの哲学者たちの根本物質(火・空気・)に土を加えた四つの根(こん)(元素)は、伝統的な「対立物」としての熱・冷、湿・乾をパルメニデスの「有るもの」として実在化したもので、もう二つの根「愛」「憎」の力によって結合、解離し、万物の諸変化が生じるとした。この説はアリストテレスによって採用され、18世紀末にラボアジエが近代的元素説を提出するまで、七元素説などを派生しながら、基本的な物質観として受け継がれた。しかし、アリストテレスにあっては、真の元素は四元素を形づくる熱・冷・乾・湿の「形相」であり、この形相の変化により元素転換もおこるとされ、健全な唯物論が観念論に変えられ、錬金術の理論的基礎ともなった。[肱岡義人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四元素説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四元素説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation