@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四分胞子【しぶんほうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四分胞子
しぶんほうし
tetraspore
四分子ともいう。1胞子母細胞が4個に分れて生じるもので,この際減数分裂が行われる。褐藻類紅藻類の一部のものにみられる。四分胞子形成は生活史上の核相交番を考えるうえで必要である。なおこの胞子は藻類の胞子ではあるが,鞭毛をもたない不動胞子である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぶんほうし【四分胞子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

四分胞子
しぶんほうし
tetraspore
紅藻植物の真正紅藻類、褐藻植物アミジグサ目にみられる、1個の胞子母細胞の内容が胞子嚢(のう)内で分割し、4個の不動胞子(鞭毛(べんもう)がなく運動性のない胞子)となったものをいう。分割の様式によって、環状、十文字状、三角錐(すい)状の三つの型がある。真正紅藻類では、受精後、配偶体上に発達した果胞子体から生じた果胞子が発芽して四分胞子体となり、これに四分胞子嚢が生ずる。アミジグサ目では、真正紅藻類とは異なり、受精卵が発芽して四分胞子体となる。四分胞子嚢内で減数分裂が行われ、四分胞子は発芽して配偶体となる。[吉崎 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぶん‐ほうし ‥ハウシ【四分胞子】
〘名〙 藻類にみられる不動胞子。単細胞の胞子嚢中で、一個の母細胞から減数分裂によって四個の胞子ができるのでこの名がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四分胞子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四分胞子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation