@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四十九日【しじゅうくにち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四十九日
しじゅうくにち
仏教用語。生き物のの瞬間から次の世に生を受けるまでの期間 (中有,中陰) は 49日であるといわれ,人の死後その冥福を祈って7日目ごとに追善供養し,49日目にその供養を終了する。 (→三十五日 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しじゅうく‐にち〔シジフク‐〕【四十九日】
人の死後、49日間。今生(こんじょう)の死と来世の生との中間の期間。中陰。
人の死後、49日目。また、その日に行う法要七七日(なななぬか・しちしちにち)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

四十九日
仏教では人の死後、四十九日間魂が迷っているとされています。そのため死後、七日ごとに法要を行い、四十九日目は中の満ちる日であり、死者追善の最大の法要を営みます。お墓がある場合は、四十九日までに埋葬します。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

しじゅうくにち【四十九日】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しじゅうくにち【四十九日】
人の死後49日目の日。中陰の終わる日。僧を招き法事を行う。なななぬか。七七しちしち日。
人の死後49日の期間。この間、死者はこの世と来世との中間をさまようという。中陰。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

四十九日
しじゅうくにち
(1)人の死後49日間のこと。仏教ではこの期間を中陰(ちゅういん)または中有(ちゅうう)という。
(2)人が死んでから49日目にあたる日。七七日(しちしちにち)、尽七日(じんしちにち)、満中陰(まんちゅういん)、大練忌(だいれんき)、脱光忌(だっこうき)、休新忌(きゅうしんき)ともいう。[佐々木章格]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しじゅうく‐にち シジフ‥【四十九日】
〘名〙
① 人の死んだ後の四九日間。死者が次の生を得るまでの間の日数。今生の死と来世の生との間。中陰。
※歌仙本朝忠集(966頃)「八月十五夜、朱雀院の御門、崩れさせ給ひて、御四十九日籠り候ひける殿上の人々」
② 人の死後四九日目にあたる日。中陰の満ちる最後の日。また、その日に行なう仏事。なななぬか。
※九暦‐九暦抄・天徳元年(957)七月二二日「一品宮四十九日御法事々」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「かの人の四十九日、忍びて比叡の法花堂にて、事そがず、装束より初めて、さるべきものども細かに、誦経などせさせ給ぬ」
[語誌]人は無限に生死をくり返すという仏教思想に基づき、人が死んでから再び次の生を得るまでの期間を中有、中陰という。この期間は七日を単位として、極善、極悪は七日後に次の生を得るが、最長七期目の七日、すなわち四九日目にはすべての者が次の生を得るとする。現在、日本ではこの四九日目を忌明けとして法事を行ない、香典の返礼をする習慣がある。また表記も「七七日」とすることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四十九日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四十九日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation