@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四国八十八ヵ所【しこくはちじゅうはっかしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四国八十八ヵ所
しこくはちじゅうはっかしょ
四国霊場四国礼場ともいう。四国にある弘法大師ゆかりのある 88ヵ所のをいい,これらの寺を巡礼することを遍路という。弘法大師信仰が盛んであった平安時代末期から始ったものといわれるが,鎌倉時代に衛門三郎が子女急死により心して,この霊場を逆に 21回巡礼した話は有名江戸時代に急速に盛んになった。また各地にこれらの寺を模したものが造られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しこくはちじゅうはっかしょ【四国八十八ヵ所】
四国の島内に散在する,弘法大師(空海)ゆかりの霊場88ヵ所を,順を追って参詣する巡礼コースで,四国八十八ヵ所弘法大師霊場とも称する。一般にはこれを〈遍路〉〈お四国〉などと呼んで,観音霊場の巡礼と区別している。遍路が霊場に参詣すると,そのしるしに〈南無遍照金剛〉と弘法大師の宝号を記したを納めることから,八十八ヵ所の寺々を札所(ふだしよ)ともいう。第1番の札所は阿波霊山寺(,徳島県鳴門市)で,ここから土佐(高知県),伊予(愛媛県),讃岐(香川県)とまわり,山深い大窪寺で終わる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

四国八十八ヵ所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四国八十八ヵ所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation