@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四国征伐【しこくせいばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四国征伐
しこくせいばつ
天正 13 (1585) 年,豊臣秀吉長宗我部元親をくだして四国を平定した戦い。元親は,永禄3 (60) 年土佐国長岡郡岡豊の家を継ぎ,以来四隣を征して土佐一国,さらに阿波国讃岐国伊予国を席捲し,天正 13年までにほぼ四国全域を征し,秀吉に対抗するようになった。秀吉は同年,紀伊根来を討って紀伊国を平定するや,同3月長宗我部討伐のを発し,同4月弟秀長に命じてこれを攻めさせた。元親は,防戦したが,同5月これにくだり,阿波讃岐伊予3国を没収され,土佐一国の支配のみを認められた。これによって四国は秀吉の掌握下に入った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しこく‐せいばつ【四国征伐】
天正13年(1585)豊臣秀吉長宗我部元親を討って四国を統一した戦い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しこくせいばつ【四国征伐】
豊臣政権による天下統一の過程で,重要な一段階となる1585年(天正13)の四国制圧戦争をいう。1575年に土佐一国を統一した長宗我部元親は,引き続いて伊予,阿波,讃岐に進攻,各地を席巻した。当初,織田信長はこれを黙認していたが,82年5月,三好三人衆の康長(笑岩)を先鋒軍として阿波に入れ,三男の織田信孝丹羽長秀とする四国討伐動員令を下した。しかし,これは6月の本能寺の変によって途絶し,以後,元親は柴田勝家,徳川家康と通じ,豊臣(羽柴)秀吉を牽制しながら軍を進め,85年春,念願の四国統一を成し遂げた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しこくせいばつ【四国征伐】
1585年豊臣秀吉が長宗我部元親を討って四国を統一した戦い。六月秀吉は弟秀長を将として阿波・讃岐・東伊予の三方面から大軍を進撃させ、七月元親を降伏させた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

四国征伐
しこくせいばつ
1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉が長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)を討って四国を統一した戦い。元親は1575年(天正3)土佐(とさ)(高知県)を統一、ついで阿波(あわ)(徳島県)、讃岐(さぬき)(香川県)、伊予(いよ)(愛媛県)に侵攻し、1585年春四国を制覇した。その間、賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは柴田勝家(しばたかついえ)、小牧(こまき)・長久手(ながくて)の戦いでは徳川家康・織田信雄(のぶかつ)と結び、紀伊征伐では根来衆(ねごろしゅう)と通じて秀吉に敵対した。そのため秀吉は元親の行動を憎み四国征伐の軍をおこした。元親は家臣の谷忠兵衛(ちゅうべえ)を秀吉のもとに送り、伊予一国の返納で妥協しようとしたが、秀吉は土佐以外の3国の返上を命じたので交渉は決裂した。
 元親は白地(はくち)(徳島県三好(みよし)市池田町)に本営を置き、阿波の木津・一宮(いちのみや)・岩倉城、讃岐の植田城、伊予の金子・高尾城などに将兵を配し防備を固めた。当時秀吉は佐々成政(さっさなりまさ)と対戦中であったので、弟秀長(ひでなが)を将として三好秀次(みよしひでつぐ)を添え、1585年6月16日出征命令を発し、主力6万を阿波に向かわせた。宇喜多秀家(うきたひでいえ)、蜂須賀正勝(はちすかまさかつ)・家政(いえまさ)、黒田孝高(よしたか)、仙石秀久(せんごくひでひさ)らの軍2万3000は讃岐に上陸、毛利輝元(もうりてるもと)、小早川隆景(こばやかわたかかげ)、吉川元長(きっかわもとなが)の兵3万余は伊予に向かって進撃を開始した。元親は三方から攻撃を受け、7月中旬には諸城が落城したので、谷忠兵衛らの勧告をいれて7月25日降伏した。兵農分離を終えた秀吉の軍に長宗我部の農民的武士は敵しえなかったのである。秀長は元親に土佐一国を与え、元親の三男親忠(ちかただ)を人質として凱旋(がいせん)した。秀吉は論功行賞を行い、阿波を蜂須賀家政、讃岐を仙石秀久、十河存保(そごうまさやす)、伊予を小早川隆景に与え、四国全土を支配した。[山本 大]
『山本大著『長宗我部元親』(1960・吉川弘文館) ▽山本大校注『四国史料集』(『第2期 戦国史料叢書5』1966・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しこく‐せいばつ【四国征伐】
天正一三年(一五八五)、豊臣秀吉が長曾我部元親を攻めて四国を統一した戦い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四国征伐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四国征伐の関連情報

関連キーワード

シェークスピア安土桃山時代(年表)グレゴリウスガブリエリビクトリア二本松義継フォンタナグレゴリウス今石動城

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation