@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四塩化炭素【しえんかたんそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四塩化炭素
しえんかたんそ
carbon tetrachloride
無色,クロロホルム臭を有する不燃性の重い液体。化学式 CCl4。別名テトラクロロメタン。沸点 76.7℃,融点-23℃。1839年クロロホルム塩素を反応させて得られた。今日では五塩化アンチモン触媒として二硫化炭素と塩素から製造する。化学的に安定で,塩基,濃硫酸などに作用しない。水にはほとんど溶けないが,エチルアルコールエーテルベンゼンと混ざる。樹脂タールなど有機物をよく溶解する。引火しない点が他の溶媒と異なる。有機化学反応の溶媒のほか,消火剤,ドライクリーニング溶剤として使用されたが,オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書で製造,使用が禁止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しえんか‐たんそ〔シエンクワ‐〕【四塩化炭素】
炭化水素塩素を反応させて作る、特異臭のある無色の液体。水にはほとんど溶けず有機溶媒に溶けるので、フレオン原料油脂樹脂の溶剤に利用。化学式CCl4 テトラクロロメタン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

四塩化炭素
 CCl4 (mw153.82).テトラクロロメタン.肝臓毒性があり,無色で特有の臭気がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しえんかたんそ【四塩化炭素 carbon tetrachloride】
メタンCH4の水素原子を全部塩素原子で置換した化合物。テトラクロロメタンともいう。化学式CCl4。融点-23℃,沸点76.74℃。比重1.63195(20℃)で水より重い。無色透明,揮発性,不燃性の液体で,特有の臭いを有する。水にはほとんど混ざらないが,アルコール,エーテルなどの一般有機溶剤とはよく混和する。化学的に安定で,一般に酸,塩基の作用を受けないが,塩化アルミニウムなどのルイス酸とは錯体を形成する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しえんか‐たんそ シエンクヮ‥【四塩化炭素】
〘名〙 炭素の塩化物の一つ。化学式 CCl4 無色の液体。有機化合物、油、グリース、タールなどをよく溶かす。劇薬。ドライクリーニング、油脂類、不燃性の溶剤、フレオンの原料、殺虫剤、分析用試薬などに用いる。四塩化。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

四塩化炭素
シエンカタンソ
carbon tetrachloride

CCl4(153.82).テトラクロロメタンともいう.二硫化炭素に適当な触媒の存在下で30 ℃ で塩素を作用させ,生成物を蒸留精製すると得られる.メタンを塩素化しても得られる.分子は四面体構造.特有の臭いをもつ無色の重い液体.融点-23 ℃,沸点76.7 ℃.密度1.63 g cm-31.4607.水に対する溶解度は0.08質量%(20 ℃).エタノール,エーテル,ベンゼン,クロロホルム,石油エーテルとまざる.酸,塩基に対して安定である.五フッ化アンチモンなどを触媒としてフッ化水素を作用させるとフロンを生じる.ヨウ素,脂肪,タールなどの各種有機物を溶解する.引火性はない.溶剤,ドライクリーニング,殺虫剤,赤外吸収スペクトル測定用溶媒,キレート抽出用溶媒などに用いられる.[CAS 56-23-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

四塩化炭素
しえんかたんそ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四塩化炭素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四塩化炭素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation