@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

四天王寺【してんのうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

四天王寺
してんのうじ
大阪市天王寺区元町にある寺院造営推古1 (593) 年と伝えられ,荒陵寺ともいう。主要伽藍南北中軸線上に,南から南大,中門,金堂講堂に配され,塔と金堂を包む回廊がめぐっている。この種の配置を一般に四天王寺式と呼んでいる。寺は建立後,幾度か罹災しているが,その都度ほぼ旧規に則して復興され,国宝の『扇面法華経冊子』をはじめ,長い寺史を物語る多くの寺宝が伝わる。なお大規模な発掘調査により旧規模が解明された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

してんのう‐じ〔シテンワウ‐〕【四天王寺】
大阪市天王寺区にある和宗の総本山。もと天台宗。山号は荒陵山聖徳太子創建と伝える。四天王寺式伽藍(がらん)配置をもち、承和3年(836)以降たびたび焼失、現在の伽藍は、第二次大戦後復興されたもの。寺宝に、扇面法華経冊子などがある。荒陵寺(あらはかでら)。御津寺。難波大寺。堀江寺。天王寺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

四天王寺
三重県津市にある寺院。曹洞宗中本山。山号は塔世山。創建は不詳だが、寺伝では聖徳太子の建立としている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四天王寺
大阪府大阪市天王寺区にある寺院。もと天台宗。和宗総本山。山号は荒陵山。6世紀末ごろ、聖徳太子の発願により、四天王像を本尊として創建されたと伝わる。現在の本尊は如意輪観音伽藍配置は四天王寺様式。六時礼讃堂などは国の重要文化財に指定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

してんのうじ【四天王寺】
大阪市天王寺区にある寺。荒陵山と号し,荒陵(あらはか)寺,天王寺ともいう。もとは天台宗,第2次大戦後独立して和宗本山となる。 587年物部守屋討伐のとき聖徳太子が四天王に戦勝を祈願して寺院の建立を発願し,593年(推古1)造営に着手したと伝える。1955年の調査で飛鳥~奈良時代のが塔,金堂,中門周辺から出土し,草創伝承と造営の継続を裏づけた。伽藍配置は中門,塔,金堂,講堂を南北中軸線上に並べる四天王寺式として知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域遺産

四天王寺
(大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

してんのう‐じ シテンワウ‥【四天王寺】
大阪市天王寺区元町にある寺。和宗の総本山。もと天台宗。山号は荒陵山。聖徳太子の創建と伝えられる。日本最初の官寺。伽藍(がらん)の配置は四天王寺式といわれ、中門、塔、金堂、講堂が南北に一直線に並ぶ。「扇面法華経冊子」「七星剣」懸守(かけまもり)などの国宝を所蔵。荒陵寺(あらはかでら)。難波大寺。御津寺(三津寺)。諸国大寺。堀江寺。天王寺。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

四天王寺
(通称)
してんのうじ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
四天王寺伽藍鑑
初演
宝暦7.4(大坂・大松座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

四天王寺
してんのうじ
大阪市天王寺区元町にある寺
聖徳太子が四天王を本尊として建立。中門・塔・金堂・講堂が南北一直線に並ぶ四天王寺式伽藍 (がらん) 配置を持つ。当初遺構は存在しないが,位置はもとのまま。平安末期には法皇貴族参詣が多く,中世以降は太子信仰により庶民に信仰された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四天王寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四天王寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation